FC2ブログ

2018.09.17 尾白川水系鞍掛沢


9月17日【尾白川水系 鞍掛沢】@南アルプス
W/もも(ウチの会)、ふるけん(←)、スガー(熊谷山旅会)、Tさん
*******************************************
この3連休は2年ぶりの葛根田川を計画していたけれど天気に翻弄されて一転二転。最終日に日帰りで鞍掛沢に行ってきました。困難な滝や難しい巻きのない癒し渓ですが、泳ぎやシャワークライミングが大好きなTさんに感化されてあっちの淵、こっちの淵で水泳大会。今日もまたたっぷり水と戯れた1日になりました。
*******************************************

日向山屋立石登山口6:00→林道終点→7:20尾白川入渓7:45→鞍掛沢→10:45乗越沢出合(大休止)→12:55鞍掛山北コル13:10→13:20鞍掛山分岐→登山道→14:25日向山西コル14:45→14:55日向山15:05→16:00日向山矢立石登山口

Tさん作(遡行全貌が見られます。)


立谷石登山口の少し先に車を停め、ゲートから約1時間の林道歩き。トンネルを3つ越えた先の林道終点から固定ロープのある崖を約100m下りて尾白川に入渓しました。我々の直後に3人の男性パーティーと4人の男女パーティー。

入渓してすぐに深い釜を持った滑滝。噂通りのバスクリン色の水でした。
20180917_16_R.jpg

釜を泳いで水流突破したら面白いのだろうけれど、朝イチからそんな気にはなれません。
20180917_19_R.jpg

そしてそのすぐ上に本日の核心となる9m滑滝。
20180917_22_R.jpg

水しぶきと側壁からの浸み出しで登路となる左岸ランぺがびっしょりと濡れてヌルヌル。巻こうよとリーダー権限で言ったのですが、ももとフルケンが顔を見合わせて「行けるでしょ。」とあっけなく却下です。
KRKP9170627_R.jpg 

ももとフルケンがロープ無しでスタスタと登り、後続は最初の段差の上でフルケンにお助けをセットしてもらい、その上はももに残置スリングを繋いでもらって登りました。
KRKDSCN7226_R.jpg

ももの安定したスラブ登りには全員舌を巻いたのですが、本人は涼しい顔で「だって滑らないもん。」(そう言えば林道から尾白川までの崖の下りも残置ロープに触れずに私より速く下りてたしなぁ。)

突破力なのかソールの違いなのか変わりませんが、私をはじめフェルト組3名はお助け紐頼りのヒヤヒヤの通過になりました。
20180917_23_R.jpg

そのすぐ上の大きな釜を持つ滑滝は泳ぎたくないので右岸巻き。巻き道に出るとちょうど後続Pが通過していくところでした。
KRKP9170637_R.jpg

巻き道から沢に戻ると、滝の上も岩盤の発達した気分のいい沢が続いていました。
20180917_25_R.jpg

歩いている内に体も温まって来たので積極的に水に入ります。
20180917_28_R.jpg


20180917_32_R.jpg


KRKP9170690 (1)_R 

お日様も出て気分爽快!
20180917_33_R.jpg

この淵でTさんが泳いだのをきっかけに水泳大会になりました。
20180917_48_R.jpg


20180917_41_R.jpg


KRKDSCF4449_R.jpg

何度も何度も行ったり来たり。
KRKDSCN7252_R.jpg


KRKDSCF4451_R.jpg 


KRKDSCN7257_R.jpg 

遊び過ぎてすっかり冷え切ってしまいました。
20180917_39_R.jpg

なのでこの先はあっちでイグアナ、こっちでイグアナ。
KRKP9170761_R.jpg KRKP9170713_R.jpg


20180917_54_R.jpg 


20180917_61_R.jpg 

この後水勢に負けてスライダー…
KRKDSCF4454_R.jpg 

淵を泳いでシャワークライム。遊べるところばかりです。
KRKDSCF4462_R.jpg 

ここはこの後お助けが出た所だったかな。
20180917_76_R.jpg

奥にヒョングリの滝。右から巻けば30秒ですが…
20180917_84_R.jpg

かなり頑張ったのですが、みんな何度やっても左岸からは水流に勝てずに敗退。
20180917_85_R.jpg

右岸をヘツって突破しました。
20180917_90_R.jpg

ヒョングリの滝を小さく巻くとすぐに乗越沢の出合の滝に着きましたが、体が冷え切っていたのでここで大休止です。
KRKDSCN7296_R.jpg 

休憩中に後続Pが追い付いてきたので先に行って頂き、彼らが登り切ってから我々も取付きます。
KRKDSCF4465_R.jpg 

出合の滝を越し、次の滝を右の尾根から巻いて沢に戻ると広い滑滝。みんな思い思いのルートで登ります。
20180917_93_R.jpg

右から行く者、左を登る者。ただし浮石注意です。
20180917_94_R.jpg

ももとフルケンがこの滝も突破しようと試みていましたが、下から見る限り私にはルートが見えなかったなぁ。後で聞こうと思っていたのに忘れてしまいました。
KRKP9170799_R.jpg 

やがて噂のアザミ攻撃。こういうシーンでは作業用安物グローブは役立たずです。
20180917_95_R.jpg

適当なところで右岸に移り薄い踏み跡を辿って鞍掛山の北コルに出たのですが、水切れ付近からここまでの区間が結構疲れました。あとは登山道を辿って日向山経由で矢立石登山口へ戻ったのですが、まさかコイツこの方とここで出会うとは…。
IZUP9170925_R.jpg

黒戸尾根からの甲斐駒周回で宇竹神社まで13時間、用心棒の男衆二人をちぎって下りてきたとは恐れ入ります。たまにはオレとも遊んでくださいねー。
関連記事

コメント

非公開コメント