FC2ブログ

賀茂川納涼床で水炊き とか 

8月31日【新三浦】京都木屋町

来年の夏に開かれる国際会議の実行委員会出席のために京都へ行ってきました。
その会議は国内外から650名ほどの参加者がある日本で最大の原動機・燃料潤滑油専門の国際会議。なので実行委員会と言っても国内自動車メーカー11社、大手サプライヤー、大学の先生方、公的研究所などから70数名が集まる大所帯です。私は最優秀論文を選ぶ表彰委員会所属、今の契約先から最低でも4編の論文を出してもらうのが当面の大きな仕事です。

先週急逝された東工大名誉教授神本先生(元ものつくり大学学長)への黙とうに始まり、4時間にわたる会議が滞りなく終了し懇親会。
PFLDSCN1227_R.jpg
70数名の委員の内の半数くらいは顔見知り。某先生からアメリカの学会で今起きている困りごと解決のお手伝いをお願いされしました。もちろん私は仲介するだけですけど、難題です。

その後、元居た会社の後輩たちと鴨川の納涼川床へ。
SMRDSCN1228_R.jpg

ところが残念ながら床が昼間の雨で濡れてしまって川床はお休み。
SMRDSCN1233_R.jpg

お座敷で最近の名物水炊きを頂きました。水炊きと言っても九州風の白湯で、とても美味しかったです。小食な私がもう少し食べたかったなって思ったくらいです。
SMRDSCN1231_R1.jpg
お給仕のお嬢さんが大阪の方だけあって、とても盛り上がりました。

元同僚と言っても未だ会社に残っているのはエリートの二人だけ。他は定年を待たずして大学教授や大手サプライヤーのお偉いさんへの華麗なる転進族。BENZ、BMW、AUDIというドイツ御三家や少し前までアルファ155に乗っていたという大いに愛社精神に欠ける車好きたちと車談義で盛り上がった事は言うまでもありません。
SMRDSC_1204_R1.jpg

支払いの為に席を立とうとしたら、どうしてもと固辞されたどころか逆にご馳走になってしまいました。ありがとね!

9月1日【嘉門】名古屋駅前
翌日は名古屋で勉強会。この勉強会は日本のエンジンの燃焼研究の大家太田先生(名工大名誉教授・元AUDI社技術顧問)の下、会社という敷居を越えてエンジンの燃焼を本音で議論しましょうという心あるエンジンエンジニアが集まる勉強会です。プライベートなので年に4回土曜日に開催。場所柄T社のエンジニアが多いのですが全ての自動車会社から著名なエンジニアが集まり、私は無名ながらもうかれこれ20年以上参加させていただいています。

この日はこれから先2年間の研究会の進め方について大いに議論が盛り上がりました。

研究会終了後は元の会社の昨晩とは別な後輩2人と、大阪のライフラインを握る某社のエンジニアと、居酒屋へ。ビールが飲めりゃどこでもいいよと最初に通りがかった店に入ったのですが、ダメですね。そういう努力のないことしてもろくなことはない。
KMNDSC_1211_R1.jpg 

とか言いながらも酩酊。結局帰れずこの日は名古屋に泊まって翌日帰宅しました。

関連記事

コメント

非公開コメント