FC2ブログ

美渓 泙川水系三俣沢大岩沢(1)

8月4,5日【泙川水系三俣沢大岩沢】
W/スガー(熊谷山旅会)、もも(ウチの会)、こまっちゃん(ウチの会)

*******************************************
イワナを丸一匹食べたーいというリクエスト。そんな沢はいくらでもあるけれど、この時期怖いゲリラ雷雨に遭っても死なずに帰れること、アブやブヨの大群に追いかけられないこと、この二つの条件を追加して見つけ出したのが泙川水系三俣沢大岩沢。なので沢自体は全く期待していなかったのですが、思いの他の美渓でびっくり。美しく発達した岩盤、快適なテン場、後半はロープ不要で直登可能な滝の数々、藪漕ぎなし、下山のニグラ尾根南西支稜はマジ読図。二日間たっぷり楽しませてもらえました。もちろんイワナもね。泳ぎや登攀に拘らない人ののんびり沢旅にはかなりお勧めです。
*******************************************

4日快晴
泙川林道ゲート8:20→9:40平滝小屋手前の入渓点10:10→10:20平滝→12:00湯元沢出合→13:55ス沢出合→14:07前小屋沢出合→14:??BP(スルノ沢出合手前の右岸台地)
5日快晴 http://tsune3.blog87.fc2.com/blog-entry-2114.html
BP7:50→8:00スルノ沢出合→ゴルジュ出口CS滝(巻き)→8:49三左衛門沢出合→9:58大滝10:17→12:05 1927峰北コル12:50→ニグラ尾根→ニグラ尾根南西支稜(ニグラ沢左岸尾根)→16:16南西支稜末端(泙川林道終点)16:27→18:27泙川林道ゲート

前夜は某道の駅でこまっちゃんのサプライズバースデイパーティ。
20180804_5_R.jpg

泙川林道ゲート前に車を停めて出発。アブ対策効果見極めのためにディート30%含有防虫スプレイ、自作の5%ハッカ油スプレイ、それに森林香の3種を準備してきたのにアブもブヨもほとんど見当たらず、どれが一番効くかは不明のままです。
20180804_8_R1.jpg


四つ目のトンネルを抜けた少し先で踏み跡をたどって難なく河原へ出ると、林道から見えていた通り平凡な様相。今日1日こんな渓流ウォークだけが続いたらベテラン女子二人から叱られること間違え無しなので、内心不安になりました。
1808OIWASGW2_R.jpg 

ところがものの数十メーターも行くときれいな滑出現!
1808OIWASGW3_R.jpg 

女子二人大喜び!
20180804_14_R.jpg

何ですか。これ? まるで舗装路の上を水が流れているかの様相です。
20180804_17_R.jpg

さらに、さらに、右コーナーの先に美しい滑滝が現れました。たぶんこれが平滝でしょう。
20180804_22_R.jpg

滑の上をサラサラ流れる清冽な沢水。想像もしていなかった最高のシチュエーションに全員テンションアゲアゲです。
20180804_24_R.jpg

サッと通り過ぎるのがもったいない…。
1808OIWASGW8_R.jpg 

平滝2段目です。
20180804_29_R.jpg


20180804_36_R.jpg

三段目は朽ちた堰堤ですが、ここは川の中に川が流れているような不思議な光景でした。
1808OIWASGW14_R.jpg 


20180804_40_R.jpg

ここで夢のアトラクションは終了です。
20180804_41_R.jpg
入渓点からここまでの数百mの素晴らしかったこと。長い林道歩きさえ苦にしなければ子連れで丸一日安全に水遊びが楽しめる銘溪です。女子二人にはいい沢選んでくれたとお褒めいただきましたよ。

平凡だけれど開けて気分の良い夏の河原を少し歩くと、
1808OIWASGW18_R.jpg 

堰堤ですが、これはスガーが右際の巻き道を見つけてくれてラッキー。戻って高巻くと結構厄介なことになると思われます。
20180804_42_R.jpg

おっと滝だ!
20180804_47_R.jpg

と思ったら、古い堰堤でした。右岸からアプローチしましたが、戻って左岸から。
20180804_48_R.jpg

夏風邪が2週間続いているので水に浸かりたくないんだけど。
1808OIWASGW21_R.jpg 

徐々に自然に還る堰堤。
20180804_49_R.jpg


20180804_53_R.jpg

湯元沢出合。尾根末端の形状がまるで舟の舳先のようでしょ。珍しいと思います。
20180804_56_R.jpg

ここは水中から左壁をよじ登りました。
20180804_59_R.jpg

ここはあえてのトラバースだったかな。
20180804_63_R.jpg

もも、こまっちゃん、スガーが慎重なムーブでそれぞれ一発で越えた微妙なトラバース。今ももが右足を置いている所から次の一歩が核心です。
20180804_65_R.jpg

私は暑いので水流突破です。
1808OIWASGW36_R.jpg 

何故か下流に向かってますが… 更に2度目も…。
1808OIWASGW37_R.jpg 

滑、ナメ、なめ…。
20180804_66_R.jpg

とにかく岩盤が発達した気持ちの良い癒し渓です。
20180804_69_R.jpg


20180804_75_R.jpg

しかし、予習した情報と違ってイワナの姿が見えません。結局テン場に着くまでに数匹見ただけでした。釣り師の多い沢なので釣られ切ってしまったのでしょうか。
20180804_79_R.jpg

ス沢に掛る朽ちた堰堤。知らなければ自然の滝と勘違いしそうです。
20180804_80_R.jpg


至る所にBP適地がありますが、先を歩くPがいるようなので我々はスルノ沢出合手前の右岸台地に薪が豊富な好物件を見つけ、ここを今夜のBPとしました。

テン場の整備を終えたら大事な任務に出発です。テン場から三左衛門沢出合までの10分ほどの区間で刺身サイズ3匹と塩焼きサイズ1匹をゲット。4人で他に食料も豊富なのでこれで十分、ジェノサイドはキライです。
20180804_85_R.jpg

皮剥ぎに慣れていないので大物1匹だけを刺身にして、残り三匹は塩焼きで。
20180804_87_R.jpg

丸ごと1匹にご満悦の女子二人。今まで難しい沢に行くことが多かったももはイワナを一人で丸一匹食べたのは先月のガンガラシバナが初だったとか。あれだけ行ってたのに意外…。
20180804_92_1_R.jpg

虫もいない涼しい素晴らしい夜でしたが、私はボチャンが祟ったのか夏風邪をぶり返してしまい早々にツエルトに入りました。
明日は一転滝登り渓です。


関連記事

コメント

非公開コメント