FC2ブログ

最後の山スキージャケット

気分転換というかストレス解消というか、差し迫った必要性はないけれど山スキー用ジャケットを更新しました。
20180317_9_R.jpg

いまどきHaglofsなんて流行らないんで他のブランドを物色していたのですが帯び襷。そんな中フト気が付いたのは、今年で5年目に突入したHaglofs SpitzⅡJacketの耐久信頼性の高さでした。年間滑走日数35日前後の内の25日着ていたとしてすでに100日越えですが、撥水性の低下以外には、擦れやほつれ色落ちなどの経年劣化の痕すら見当たりません。機能にも大きな不満はないし、私サイズのXSの在庫があるし、貯まっていた楽天ポイントで買えるし。(←何のかんの屁理屈言ってもこれが結構大きな要因。)

まぁそんなわけで素人っぽさには目をつぶって、何年振りかに復活したというSpitz Jacketに白羽の矢を立てました。

(左)Spitz II Jacket  (12/13Model)  (右) Spitz Jacket (17/18Model)
20180317_2_R.jpg

3L Gore Tex Pro Shell 452g→ 3L Gore Tex Pro 427gの違いはありますが、カラー以外はほとんど変わり映えしません。新モデルのご利益は右腕のアームポケットが間口も容量も大きくなって実用的になったことくらいでしょうか。
よく言えば改良の余地すらない完成度、そんな事はないと思いますが。

逆に悪くなった点があります。
胸のナポレオンポケットはせっかく間口を広げたのに奥行きと深さが減ってしまいました。容量的には問題ないのですが、ファスナーを閉める前にちょっとかがんだらスマホがスルっと、とか可能性がないわけではありません。せめて深さだけでも変えて欲しくなかったです。

両側にあった内ポケットが片側2重になってしまいました。
軽量化の結果でしょうけれど、入れるものによっては左胸が大きく膨らんでしまいます。私はここにはバラクラバしか入れないので問題なしですが。
20180317_7_R.jpg 

私はめったに使いませんが脇の下のベンチレーションは使い勝手が悪いです。暑ければ脱いじゃうので問題ないと思いがちですが、湿雪が降っているけれどハイクアップで大汗をかくというような状況がたまにはあってやっぱり使い勝手が良いに越したことはありません。また、パウダースカートが付いていませんが、これについては必要性を感じたことがありません。

でもまぁ、4年半の使用感は概ね満足、耐久性は大満足。



次に買い替える事があったとしたら、その時はもうゲレンデ用ウェアでしょうね。寂しい限りです。

関連記事

コメント

非公開コメント