FC2ブログ

2017.03.25~26 ブサノ裏沢(奥利根)滑走~米子頭越え(2)

 3月25,26日 【念願のブサノ裏沢滑走】
16/17シーズ27,28日目(山16,17/ゲレンデ11)
W/(SL)寅(ウチの会)、M.yumi(←)、スガー(熊谷山旅会)、ぢゅん
Weapons/Dynafit Grand Teton, TLTSpeed Radical, TLT6 Performance

***************************************************
何年間も天候敗退していたブサの裏沢(奥利根)。今回最高のコンディションに恵まれて滑ってきました。 我々以外誰もいない静かな山と、奥利根湖に向かって雄大な斜面を滑るという素晴らしいロケーションを満喫です。翌日は上トトンボ尾根からの米子頭越え、ホワイトアウトとひどいモナカ雪に苦しめられた脱出行となりましたが、全員で力を合わせて無事下山しました。
***************************************************

25日曇り・ガスのち快晴
清水集落手前路肩7:15→井戸尾根→11:40偽巻頂上直下(他パーティートラブル対応)12:10→13:19巻機山山頂→13:28ブサノ裏沢源頭→14:00ブサノ裏沢滑走→14:45 alt 1156ポコ付近(C1)

26日曇り・ガス
C1 6:20→枝尾根→上トトンボ尾根→9:14米子頭山→巻機山とのコル(1646)→10:15無名沢滑走→10:50米子沢滑走→12:30清水集落手前路肩

3時半起床、6時20分行動開始。
上トトンボ尾根から北東に向かい末端をテン場の脇に落としている枝尾根から米子頭山を目指す。カリカリの急斜面を予想して始めからクトーを付けて登ったが、気持ちの良いブナの斜面には予想に反して重めのパウダーが保存されていた。
20170326_125_R.jpg

米子頭山直下は地形図で見ていたよりもずっと急な雪田だった。その両サイドがかろうじて見える程度のホワイトアウト、安全を期してシートラ・アイゼンでラッセル登行に切り替えた。必ずしも安全とは言えないこの状況なのでエセリーダーの私がトップで登ったが、1/3も行かない内に息も絶え絶え。馬力のある寅とヂュンに代わってもらった。

予定では米子頭山山頂付近でドロップポイントを選んで深沢を滑って清水に戻ることにしていたが、先週ほどではないにせよ今日もホワイトアウト。ドロップポイントに近づくことさえ怖いのでとりあえず巻機山とのコルまで行って、もしも視界があればコルから枝沢へ落とす事にした。

シャクナゲの落とし穴に驚きの悲鳴を上げながら稜線を下降。
20170326_127_R.jpg

稜線はやや風があり凍傷後遺症の指がジンジンと痛い。
20170326_128_R.jpg

コルから枝沢を少し下って下を覗くと何とか行けそうだ。
20170326_129_R.jpg

斜面の凹凸は全く見えないが、先週の完全無欠のホワイトアウトから見れば天国の滑走。
20170326_131_R.jpg

米子沢出合の滝は写真では分からないが40度越えの急斜面。アイスバーンの上に10cmほどの湿雪が乗った急斜面をひたすら斜滑降でズリズリ落とした。
20170326_137_R.jpg

しかし苦難は米子沢に入ってからだった。昨日入った無数のトレースやデブリが固く凍ってターン不能。以前何度か滑った時には存在すら記憶に残らなかった大滝の通過にどれだけかかった事か。
20170326_140_R.jpg

こんな緩斜面すら恐怖の斜面。転び続けてほとほと疲れ、駐車場へとたどり着いた。
20170326_142_R.jpg


Map_MakihataBC_R.jpg



終わってみれば今日も楽しい冒険スキー。
(来年はアウター替えようっと。)
20170326_144_R.jpg








関連記事

コメント

非公開コメント