FC2ブログ

2015.12.12 西大星北陵

妙義のバリエーション第12弾です。
星穴岳(西岳ルート)が整備され過ぎていて物足りなかったので、会の強力メンバーの力を借りて怪峰西大星を北陵から登ってきました。今回は登頂優先、できる限り合理的なルートを選定し、登攀的要素を極力排除したルートです。
山頂にあった峠の釜飯の容器以外私たちが辿ったルート上には一切人工物はありませんでした。このルートが星穴岳のようにならずに、この先も今の姿を残していることを切に願います。

①2003年10月 星穴岳(星穴新道)
②2005年11月 裏妙義赤岩  踏み跡・テープなし
③2005年12月 間違って裏妙義鶴峯山ジャンクションピーク  踏み跡・テープなし
④2006年12月 裏妙義風穴尾根(踏み跡・テープなし。会心のオリジナルルート)
⑤2011年11月 相馬岳北稜Ⅰ(相馬沢下降)
⑥2011年11月 金鶏山縦走
⑦2012年11月 相馬岳北稜Ⅱ
⑧2013年11月 妙義富士稜縦走
⑨2013年11月 御殿風穴稜 踏み跡・テープなし
⑩2014年  4月 木戸壁
⑪2015年11月 星穴岳(西岳ルート)
⑫2015年12月 西大星北陵 踏み跡僅か・テープなし

2015年12月12日
W/いけさん(ウチの会)、ひろみっちゃん(←)
ルート
麻苧の滝P7:25→裏妙義(丁須の頭)鍵沢登山口→7:54西大星北陵取付き8:05→11:33西大星山頂12:00→12:55鍵沢登山道→鍵沢登山口→14:00麻苧の滝P

裏妙義鍵沢登山道が北陵を回り込むところで登攀具を身に付けて縦走スタート。(ここまでの鍵沢登山道は崩壊地に鎖や梯子が設置されているのですが、こんなきわどい登山道は初めてでした。泥壁が嫌いな私は結構怖かったです。)
20151212_2_R.jpg

第一岩峰は登られているようですが、あえて稜線通しで行く必要もないので巻きました。
20151212_4_R.jpg

と言っても、どこまでも巻いてもつまらないので適当に稜線に戻ります。
20151212_5_R.jpg

第一岩峰の南東側基部で稜線に出て、僅か戻って第一岩峰ピークへ。
20151212_8_R.jpg
進行方向には第二、第三岩峰。
20151212_11_R.jpg

いよいよ西大星が見えてきた。
20151212_12_R.jpg

第三岩峰(712)振り返り。登路は探していませんが、登るとするとクライミングになりそうな感じ。
20151212_13_R.jpg

最初のナイフリッジの通過は簡単ですけど、一歩間違えたら死ぬので確保して。ロープを出さずに行っている方が多いようですが、ボクらは使いまっせぇ。
20151212_15_R.jpg

次のリッジは2歩間違えても死なない広さ。
20151212_18_R.jpg

20151212_19_R.jpg

小さな岩の乗り越しにもう一度ロープを出した。
20151212_21_R.jpg

続くミニ丁須の頭のトラバース。
20151212_27_R.jpg

さぁ、いよいよ魔境へ。
20151212_31_R.jpg

20151212_33_R.jpg

無理せず弱点を突いて登りますが、なんか凄惨な感じがしてきました。
20151212_34_R.jpg

この岩は先週海金剛を全ピッチOSしてきたイケさんが突破。ただし、ホールドにした抜け口にある木は根元が腐っているので、ロシアンルーレット。ただしここで落ちても死ぬことはないと思われます。
20151212_35_R.jpg

20151212_36_R.jpg

20151212_38_R.jpg

20151212_39_R.jpg

20151212_40_R.jpg

20151212_42_R.jpg

ついに頂上直下の平和な稜線に。(この手前にも一か所いやらしい所があり、たった2,3mの岩登りでしたが、右に落ちても左に落ちても…。)
20151212_45_R.jpg

あとほんのひと登りだけれど、まだ気は抜けない。
20151212_46_R.jpg

そして平和な山頂ゲット! 想像していたほど困難ではありませんでした。って言うかこのメンバーで来ちゃズルイってもんか。
20151212_47_R.jpg

丁須の頭。
20151212_48_R.jpg

2005年に登った赤岩と、「待っていなさい」の烏帽子岩。
20151212_49_R.jpg

下山は一番簡単そうな斜面を選んで懸垂2発。
20151212_52_R.jpg

2発目はダブルで、空懸交えて。着地点付近には地獄の入口が開いていた。
20151212_53_R.jpg

後は歩きやすいところを選んで適当に。この雰囲気、イイネ!
20151212_54_R.jpg

20151212_56_R.jpg

そして登山道に合流。
20151212_57_R.jpg

後はのんびり遊びながら帰りました。来週未だ紀伊に沢登りに行くという沢屋のひろみっちゃん。
20151212_60_R.jpg

強力メンバーのお蔭であっけなかった西大星。初見で6時間半は中々なものでしょう。
ほぼほぼトップで合理的なルーファンしてくれたひろみっちゃん、岩のセクションでトップを務めてくれたいけさん、ありがとう!

我々はこんな藪山で事故を絶対起こしたくないのでロープを出しましたが、下山の懸垂以外ノーロープでも登られているくらい登攀要素は高くありません。(もちろん非常に登攀性の強いルートもあるようです。)
つまり我々のとったルートの楽しみは地形の弱点を探すルーファンです。
この楽しさをずっと残すためにもテープの類の残置は勘弁してほしいと思います。ルーファンたって、登れそうなところ、登れそうなところ、と選んで行くだけでそんなに複雑なことはないですし、下山は尾根の左右さえ間違わなければどこを降りても必ず鍵沢に出ます。

ってことで、みなさまよろしくお願いいたします。
関連記事

コメント

非公開コメント

常吉さん

西大星、妙義らしいルートでとても楽しかったです。
お誘い頂きありがとうございました!

風穴尾根リベンジと星穴新道は機会見つけて行きたいと思います。

おかげさまで!

ひろみっちゃん、

こんな藪山に付き合ってくれてありがとう!
感謝してます。

風穴尾根は今や踏み跡いっぱいらしく面白いかどうかわからないけど、星穴新道はひろみっちゃんなら残置無視で行けるから面白いと思うよ。
岩に打ち込まれた鉄杭は大丈夫だと思うけど、鎖や残置スリングは一切無視ね。でないとホント危ない。

11月は狭間の季節。
来年も妙義を楽しんでください!