FC2ブログ

2016.09.17-19葛根田川・大深沢遡行、明通沢下降(2日目)

9月17-19日【葛根田川・北ノ又沢左又遡行、関東沢下降、大深沢・東ノ又沢遡行、明通沢下降】
W/Lマッキー、藪漕ぎジョニ(以上熊谷山旅会)、サチさん
使用ギア:40m補助ロープ(明通沢下降の小滝懸垂に使用。→6mm×20mで十分)

***************************************************
折角の3連休だったが直前に予定していた沢がキャンセルになり、マッキー達の山行に無理やり混ぜてもらった。
元より行きたかった北東北の名渓。広くたおやかな流れ、碧の淵、見たこともないような素晴らしい滑め、走るイワナ、キノコ、焚火…。素晴らしい3日間を過ごしてきました。
***************************************************

17日 葛根田川・北ノ又沢遡行 曇り、夕方一時雨
18日 北ノ又沢左俣遡行、関東沢下降、大深沢遡行 曇り時々晴れ
19日 東ノ又沢遡行、明通沢下降 曇り時々晴れ

滝ノ又沢出合手前7:54→10:30八瀬森1168P南コル(キノコ拾い)→10:58八瀬森山荘11:10→11:15大深沢右又右沢(仮称)下降→12:11関東沢出合(釣り)13:36→14:25大深沢二又(898)→(釣り40分)→16:25三又(992)


BPから300mで滝ノ沢出合、更にそこから200m先で北又沢左又に入った。左又は写真のように滝を掛けて合わさるので枝沢と勘違いするかもしれない。
20160918_102_R.jpg    

八瀬森山荘付近の湿原に直接出るためには奥の二又を左であるが、藪漕ぎを避けるために我々は1168南コルを狙って右沢を遡行した。

この2段滝は左壁を笹を掴んで突破したが、素直に滝を登った方が楽だったかもしれない。右壁を巻いた記録もある。
(この前に20m滝があったはずであるが記憶から飛んでしまった。)
20160918_123_R.jpg


20160918_125_R.jpg


20160918 葛根田川等_515_R 

地形図とにらめっこをしながら1168Pの南側1150コンターに突き上げる枝沢を詰め、藪漕ぎなしで登山道に出ることができた。20160918_132_R.jpg

UFOへ念を送る男たち。
20160918 葛根田川等_544_R

登山道でキノコ狩りをしてから湿原を渡って八瀬森山荘見学に。
20160918 葛根田川等_565_R 


20160918_142_R.jpg 

そして湿原に戻って”大深沢右又右沢”とでも呼ぶべき枝沢を下降した。この沢も草原から藪漕ぎなしで沢に入れた。
20160918_145_R.jpg 


20160918 葛根田川等_613_R 

関東沢出合で今夜のおかずの仕込み。
20160918_148_R.jpg 

大深沢二又。後で知った事であるが、たけちゃんが昨晩この付近に泊まっていた。我々は探さなかったが付近にはいいテン場があるのだろう。
20160918_153_R.jpg 

単調なゴーロ主体の大深沢を時々竿を出したりしながら遡行していくと…。
20160918_163_R.jpg 

大きな滝がドーン。これが通称大深沢のナイアガラの滝。流木が邪魔であるがとてもきれいな滝だった
20160918 葛根田川等_718_R 

それまでゴーロだった大深沢はナイアガラの滝上で美しいナメに一転した。
20160918_173_R.jpg 


20160918 葛根田川等_752_R

私はここまでかなり疲れていたが、この景色を見て文字通り疲れが吹っ飛んだ。
20160918 葛根田川等_749_R 

葛根田川より美しいと聞いていたが、その通り。
20160918_178_R.jpg

いやぁ、来てよかった。ここを見てしまうと葛根田は単なるアプローチと思えてしまう。
20160918_175_R.jpg  

写真ばかり撮っていてちっとも先に進めません。
20160918 葛根田川等_780_R 

歓喜のままに今日のBP予定地の992三又に到着。
北ノ又沢合流点の左岸におあつらえ向きのBPがあった。
20160918_184_R.jpg 

今日の遡行中の獲物。
20160918_150_R.jpg

今日は雨に降られることもなかった。
20160918_186_R.jpg 


20160918_189_R.jpg 

絶品!
色の違いは漬け込み時間の違いです。
20160918_194_R.jpg

2016.09.17-19葛根田川・大深沢遡行、明通沢下降(初日)

9月17-19日【葛根田川・北ノ又沢左又遡行、関東沢下降、大深沢・東ノ又沢遡行、明通沢下降】
W/Lマッキー、藪漕ぎジョニ(以上熊谷山旅会)、サチさん
使用ギア:40m補助ロープ(明通沢下降の小滝懸垂に使用。→6mm×20mで十分)

***************************************************
折角の3連休だったが直前に予定していた沢がキャンセルになり、マッキー達の山行に無理やり混ぜてもらった。
元より行きたかった北東北の名渓。広くたおやかな流れ、碧の淵、見たこともないような素晴らしい滑め、走るイワナ、キノコ、焚火…。素晴らしい3日間を過ごしてきました。
***************************************************

17日 葛根田川・北ノ又沢遡行 曇り、夕方一時雨
滝の上温泉先のゲート8:43→9:08葛根田川入渓→9:31明通沢出合→9:57お函10:11→10:26大石沢出合→10:53中ノ又沢出合(1時間20分釣り)12:13→12:35葛根田大滝(40分釣り)13:15→13:50滝ノ又沢出合手前(泊)


現在県道194号線は終点となる葛根田地熱発電所入口ゲートと、その手前手前7kmほどのところに設置されたゲート(仮に第一ゲートと呼ぶ)の間に17時~8時の間通行規制が敷かれている。そんな事とは知らなかった我々は第一ゲート前でオープンを待つ間に入渓準備を済ませ、とても感じの良い営林署の方から下山日や計画書の有無などの質問を受け、8時に車をスタートした。途中右手にある広い駐車場の施設で最終トイレタイム。

葛根田自熱発電所入り口ゲート前に車を停めて出発。(ここには登山計画書提出ポストはない。)
20160917_304_R - コピー

発電所内の舗装路はやがて明通沢(あきどりさわ:秋取沢)につながる旧車道(廃道)に変り、それが西から東へヘアピンカーブを描く手前で左手の踏み跡を拾って葛根田川へ入渓した。

今期はショボ沢しか歩いていないのでこの広い流れに感激!
20160917_9_R.jpg 

緑の森の中の清流にただただ感激するばかり。
20160918 葛根田川等_028_R 

生まれて初めて見る素晴らしい渓相。
20160918 葛根田川等_031_R 


20160918 葛根田川等_038_R 

少し前の台風や大雨の影響が気になっていたが、スクラム渡渉するほどの流れはなかった。
20160917_22_R.jpg 

ドクロ滝だったかな?
20160917_28_R.jpg 

20160918 葛根田川等_083_R 

ナメやゴーロが続く中に出てきた小滝。
20160917_32_R.jpg 

お函と呼ばれる美しい狭隘部の入口。
20160917_43_R.jpg 

素晴らしいトロもある。
20160917_34_R.jpg 

こんなところもあったけれど、簡単だった。
20160918 葛根田川等_110_R 


20160917_45_R.jpg 

この辺りではイワナの群泳が見られ、先々が楽しみ。
20160917_46_R.jpg 

このようなナメ滝が随所にかかっている。
20160917_49_R.jpg 

20160918 葛根田川等_149_R

お函が終わってまた鏡のように静かな流れに変わった。
20160917_50_R.jpg 

特段急いでいたわけではないが、この辺りまでに先行Pを全て抜いてしまった。
20160918 葛根田川等_148_R 

それにしてもきれい。
20160918 葛根田川等_172_R 

写真を撮るのに忙しくてなかなか前に進めんぞ。
20160918 葛根田川等_190_R 


20160918 葛根田川等_229_R 

大石沢出合。
先頭Pに立って以来イワナの走りを期待していたが意外にも少ない。
20160917_54_R.jpg 

大石沢出合付近に少なくとも前日には入っていたと思われる先行者の幕営地があった。
20160917_57_R.jpg 
後で知った事であるがヂュンの釣り仲間だったらしい。
上流に釣りに行った様子が見て取れ、それでイワナが姿を隠してしまったのかとようやく納得。

20160917_67_R.jpg 

3連休だけあって入渓者はとても多い。このまま滝ノ沢出合のBPまで先頭で行ってもテン場付近では釣りにならないだろうと考え、
中ノ又沢出合で後続をやり過ごして釣りタイムとすることにした。
20160917_71_R.jpg 

中ノ又沢に入って釣りをするマッキー。
20160918 葛根田川等_271_R 

私は葛根田大滝の3m前衛滝の深い釜で大物をハリス切れでバラしてしまった。
20160918 葛根田川等_284_R 
(FB投稿記事より)
深い釜の中からようやく姿を現したそいつは見るからに抜き上げ不能。足場の悪い中、上手い事浅瀬に誘導して上半身を水面から持ち上げることに成功し、さてと口の中に指を入れて取り込んでやろうとした刹那、なんと穂先の糸が頭上のブッシュに絡んでしまった。どうしたもんかと気を取られていたら最後のひと暴れでハリスを切られてしまったが、目の前にいた誰もが見ていなくて信じてもらえないこの悲しさ。


期待していた葛根田大滝の釜ではアタリなし。
20160918 葛根田川等_294_R 

大滝の巻きは容易だった。
20160917_79_R.jpg 

滝ノ又沢出合の1.2km手前に絶好のBPを発見し、ここを今夜の宴会場とすることにした。
正面に見えている左岸枝沢の滝はタケちゃんが一人で登った滝だと思うが、ホントすごいと思う。
20160917_83_R.jpg 

広い砂地で付近には薪も豊富。万が一の増水時にも逃げ道が確保された上物物件だった。
20160918 葛根田川等_350_R

火熾し前の一時本格的な雨があったが、ジョニの技で難なく着火。
20160917_91_R.jpg

焚火が熾きてからテンバの前で私が釣った超新鮮なお刺身。美味しかったー。
20160917_94_R.jpg 
贅沢な時間…。
20160918 葛根田川等_359_R

速報 岩手・秋田県境の沢旅

9月17-19日

葛根田川遡行~北ノ又沢左又遡行~大深沢右俣下降~左俣遡行~東の又沢遡行~明通沢下降

秋の気配が漂い始めた北東北の名渓の旅を満喫してきました。
20160918_150_R.jpg

20160917_91_R.jpg 

20160918_189_R.jpg 

20160918_194_R.jpg 

20160918_193_R.jpg

2回目のルセンティス眼球注射

2月に受けたルセンティス眼球注射が良く効いて血管の破損部が驚くほど修復していたのですが、8月についに薬効が切れ、昨日2回目のルセンティスを受けてきました。

FBで友達に受けた手術室入室直前の自撮り。
14222119_297348733976025_4886461593060399093_n_R.jpg  

今回も全く痛みを感じることなく無事に終了し、今日感染症の検査を受けてきました。

もちろん感染症はなかったのですが、視力検査結果はなんと右1.0(矯正1.2)!(ちなみに正常な左は裸眼1.2で変化なし)
先生もさすがに「これはたまたまでしょうね。」
と仰っておられましたが、ルセンティスの効果、毎回すごいです。
これで完治してくれないかなぁ。

ところで前回より7,000円も安くなったのはなぜ?
IMG_20160912_145738_R.jpg

2016.09.10 シッケイ沢中俣遡行→イイ沢下降

9月3日【毛渡沢 シッケイ沢中俣遡行→イイ沢下降】
W/5級沢女子、寅(以上ウチの会)、スガー(熊谷山旅会)
使用ギア:なし

***************************************************
昨年滑って非常に満足度の高かったシッケイ沢(滑ったのは左俣)を遡行してきました。水に入ることも少なく、スラブ帯ではお日様に炙られるので真夏に登る沢ではないですね。それとスラブに出るまでの単調なアプローチと下山が冗長。
昨年3月に一緒に滑ったメンバーに加えて、ここ2年でアルパインクライミングの名だたる難ルートや飯豊の5級の沢などを一気に制覇してしまったがんばり屋の5級沢女子と一緒に行ってきました。
***************************************************

仙ノ倉谷林道ゲート前広場6:00→毛渡沢・仙ノ倉谷出合(群大ヒュッテ前)→6:35毛渡沢入渓→8:35シッケイ沢出合8:55→9:30二又(右俣へ)→9:45中俣・右俣出合(中俣へ)→12:15シッケイ沢の頭南コル12:30→イイ沢下降→14:30仙ノ倉谷下降→15:20平標新道→群大ヒュッテ→16:30林道ゲート前広場


車止めから仙ノ倉谷左岸林道を少し歩き、群大ヒュッテ前でコンクリート製の立派な橋を渡り、平標新道入口を右手に見送って林道を進み、その終点から藪の中の踏み跡をほんの少し進むと赤テープに導かれるように毛渡沢左岸に出た。ゲートからここまで約35分。

毛渡沢入渓点。
Shikkei20160903_4_R.jpg

雨が続いたせいか水量は通常よりも多そうに見えました。
Shikkei20160903_5_R.jpg

時折足元を走るイワナを見ながらシッケイ沢出合へ。
Shikkei20160903_8_R.jpg 

シッケイ沢に入ってからも基本的にはゴーロ歩きで滝らしい滝は出てきません。
Shikkei20160903_10_R.jpg    

稜線が見えているのがいいですね。
Shikkei20160903_13_R.jpg

何度もインゼルが出てきます。
Shikkei20160903_14_R.jpg

   
Shikkei20160903_19_R.jpg


MMDSCN6314_R.jpg

左俣が合わさる二俣です。中俣へは水量の減った右俣を登ります。
Shikkei20160903_20_R.jpg

ちなみに残雪期にもう少し下から撮った風景。
1TR0321DSC00663_Ra_R  

左俣にはナメ滝がかかり、水量は圧倒的にこちらが多い。(と言っても右俣に比べれば、という話です。)
Shikkei20160903_21_R.jpg

右俣の遡行を続けます。
Shikkei20160903_26_R.jpg

すぐに中俣分岐ですが、中俣はこの通りのボサ沢。寅はたけちゃんが記録を上げている右俣を遡行したかったようですがスラブはこちらの方が発達しているようなのでこちらを選択。
Shikkei20160903_28_R.jpg

中俣に入ってみるともはや源頭の様相。
Shikkei20160903_31_R.jpg

とんでもないショボ沢に誘ってしまい、5級沢女子にケツを蹴られるんじゃないかとドキドキしながら登りましたが、トータル的には楽しかったとのことで良かった良かった。
Shikkei20160903_34_R.jpg
 
ボサを抜けるとこの通りのスラブが開けました。このスラブを登るためにここに来たのですが、ここまでのアプローチがあまりにも長すぎますね。
MMDSCN6331_R.jpg 

しかし遮るものがないスラブ帯の暑さは半端ではありません。

僅かな水流に水を求める二人。しかし熱せられたスラブを伝ってきた水は生暖かい…。
スラブ登りの季節じゃありませんでした。
MMUPShikkei20160903_43_R.jpg 

お隣の西ゼンのような広大なスラブでもないし、傾斜も緩く段差もあります。
Shikkei20160903_51_R.jpg 

それでもすっきりしたスラブ登りは楽しいね。
Shikkei20160903_53_R.jpg 

残念ながら意外に短かったスラブ帯。
MMDSCN6335_R.jpg 

MMDSCN6339_R.jpg

どこもスキー向きの斜面です。
MMDSCN6338_R.jpg

源頭まで続く水流。
このまま藪漕ぎなしで稜線に出られるかと甘い期待を抱いたのですが…
MMDSCN6349_R.jpg 

わずかな灌木と笹の藪漕ぎ。
MMDSCN6360_2_R.jpg 

藪漕ぎを終えしばしのんびり。
遠い台風の影響で稜線上は肌寒いくらいの風が吹き渡っていたのですが、フカフカの草のベッドに潜り込むとお日様の暖かさとと草の香りでとてもいい気持ち。
MMShikkei20160903_65_UP2_R1.jpg

そのまま稜線を乗り越すとそこは笹に覆われたイイ沢の源頭です。
しかしここも滑ったら気持ちの良さそうな斜面です。
春になったらテントを運び上げてああしてこうして…、夢が膨らみます。
Shikkei20160903_67_R.jpg

急ですが快適な下降。両手で笹を掴んで一気に150mほど下りられました。
MMDSCN6373_R.jpg

沢形が出てから灌木に覆われた単調なゴーロ下りがずっと続きます。水流も一時は出てきましたが途中から伏流してしまいます。

ようやく開けた水流に出てようやく体を冷やすことができました。スラブで温められたシッケイ沢と違って火照った体でも長く入っていられないほど冷たい水でした。
Shikkei20160903_76_R1.jpg  

この後、仙ノ倉谷を下り、途中で谷を横断している平標新道を歩いて帰ったのですが、そこで私だけジバチに2か所刺されるというおまけがついた沢登りになりました。後で聞いたら先月荒沢岳にご一緒したtさんも先週全く同じ場所で刺されたとのこと。これから西ゼンや東ゼンに行かれる方は注意した方がいいかもしれません。


夜は毎年何回かお世話になる水上のSkier's Placeに泊まってBBQ。
翌日はRyuさんのご好意でキャニオニングに連れて行っていただくことになりました。
BBQDSC_0219_R1.jpg  

さっさと医者に行くべきでした

14212782_293684611009104_5296786831211724730_n.jpg

とりあえず

沢登りの下山道で黒スズメバチ(ジバチ)に刺された腕と腋の下が痛いし、飲んでしまったら翌日の早起きがもう面倒になってSkier's PlaceのRyuさんにキャニオニングに連れて行ってもらいました。
すっげー新鮮で楽しかったです。

Canyoning20160904_1_R1.jpg  

ビビりました、マジ。


Ryuさん、感謝!