FC2ブログ

2012リゾートスキーその2-2

2月25日 【黒姫山東尾根】 曇り  ガス
11/12シーズン滑走18日目 Armada JJ(175cm),Onyx,TLT5,CT40
W/大勢

P2260529.jpg 

ブナの森に潜んでいたパウダー。素晴らしい雪とルートに狂喜!
全員スキー猿になって声が涸れました。

詳細後日。

2012リゾートスキーその2-1

2月25日 【乙妻山北東斜面】 小雪、ガス
11/12シーズン滑走17日目 Armada JJ(175cm),Onyx,TLT5,CT40
W/まっちゃん:BD Verdict,Onyx,Radium,CT40
   おミズ:Line Sir Francis Bacon,TLT Speed Radical, TLT5,G3 Skin

一昨年は力量不足でメンバー落ち、昨年は同行者達の驚異的スピードに付いて行けず途中敗退した乙妻山ワンデイツアーのリベンジをしてきました。うれしいです。まだまだやれると自信が持てました。

大橋5:55→6:25黒姫分岐6:30→7:35佐渡山のコル7:40→氷沢川SB→梯子尾根取り付き付近8:35→北東斜面取り付き8:50→稜線12:00→12:15乙妻山12:30→氷沢川SB13:45→14:30佐渡山のコル14:45→15:05大橋

Photo まっちゃん
P2250510.jpg

まだ薄暗い6時前、小雪がちらつき始めた大橋を出発。佐渡山南尾根の取り付きまでの林道は毎度私にとっての鬼門。平坦なために体力任せでスピードを上げられるので、私が高校を卒業した頃に生まれてきた二人にグングン離されてしまいます。

おまたせ~  黒姫登山道分岐。
2012Ototsuma0001.jpg 

ブナに囲まれた佐渡山南尾根はアカゲラの「ピョー」という大声やコゲラの控えめなドラミングが響き、春の予感。パウダー終わりかなぁ…。

ブナとカラマツの混成林の尾根に出ました。
2012Ototsuma0003.jpg    

佐渡山のコル。ブナの原生林と書いている人も多いのですが、それじゃ栄養失調。2次林以降でしょう。
2012Ototsuma0005.jpg

コルでシールを外し、佐渡山西面をなるべく標高を落さないようにトラバース滑走を始めてすぐにおミズが転倒。なんと自分でインビス加工したTLT の取付ビスが1本外れており、おミズあえなくここでリタイヤ。間違えなく佐渡山には魔物が棲んでいるのです。(昨年の魔物先月の魔物

笑って誤魔化すおミズ。筆下ろしのSir Francis Baconが泣いてます。
2012Ototsuma0007.jpg

ここでおミズと別れ更にトラバースを続けますが、すぐに小沢が入って邪魔くさいので氷沢川のボトムへ下りて適当なスノーブリッジで左岸へ渡渉。昨年主力組の⊿600m/hという驚異的登高スピードに置いて行かれて途中敗退した梯子尾根が左前方に見えます。雪が不安定だったら梯子尾根を登るつもりでしたが、この1週間大雪も高温もなく非常に安定していたのでまだ登った事のない北東斜面を登る事にしました。

中央左よりにうっすら見えているのが梯子尾根(高妻沢左岸尾根)。登路としてはこちらの方が効率的のようです。
2012Ototsuma0011.jpg 

氷沢川の川床沿いに進み、崖に阻まれ一旦右岸を経由してから再び左岸を進みました。すぐに見えた林道跡らしき平坦路に上がり雪崩走路となっている斜面を注意深くトラバースして尾根を回り込むと北東斜面の取り付きに出ました。

真新しいキツツキ(アカゲラ?)の食痕。春ですね。
2012Ototsuma0013.jpg 

北東斜面入口のモニュメント。
2012Ototsuma0016.jpg 

斜面は広いのでクライマーズレフトの尾根から離れないように注意しながらハイクアップ。晴れていれば正面にはこれから登る北東斜面と乙妻山が見えているのでしょうが、ガスで視界がなくて残念です。          
Photo まっちゃん
P2250512.jpg  

しばらくダラダラ登るとガスの中から突然急傾斜が目の前に立ちふさがりました。いよいよ本格的な登りの始まり。 

正面に何となく急斜面らしき影…
2012Ototsuma0018.jpg  

長い長い急斜面 晴れていればどれほど気持ちいいんでしょうか。
2012Ototsuma0021.jpg 

いやぁ、長い!
何とかまっちゃんとトップを代わらなければと気は焦るのですが、20mほどの差がどうしても詰められませんでした。帰路の佐渡山のコルへの登り返しも頭に重くのしかかって来ます。 

新雪だったら雪崩が怖いオープン急斜面のトラバースを慎重にやり過ごし、ようやくコルの少し上の稜線上に到着。ガスで高妻山はおろか乙妻山の山頂すらはっきりしません。
2012Ototsuma0022.jpg
  
慎重に雪庇を避け、2度3度小さなニセピークに裏切られて山頂到着。ガスでほとんど視界がなかったのでまっちゃんがGPSでピークにいる事を確認してからすぐに滑走準備。
Peak_Ototsuma.jpg 

いよいよ期待の標高差900mの一枚バーンの滑走。
登っている時の感触では雪は期待できなかったのですが、予想に反してなんと軽いパウダーです。(まっちゃんは所々底付きしちゃうと言ってましたが、私はあまり感じませんでした。JJの浮力のお陰かな? )
2012Ototsuma0027.jpg 

上部は腰パウ! 
2012Ototsuma0028.jpg

ゲレンデみたいに広くて長~い。苦労して登った甲斐がありました。
2012Ototsuma0030.jpg

少しガスが晴れてきましたが、残念ながらフラットライト。でも地形の凹凸が少ないのでガンガン行けます。
2012Ototsuma0037.jpg

2012Ototsuma0038.jpg

2012Ototsuma0039.jpg
 
まだまだ長い! 楽しめます!
2012Ototsuma0040.jpg 

まるでスキー場のように広くて長く、雄大な斜面のパウダークルージングと下部のメローなツリーランを楽しんであっという間に林道跡に到着。いやぁ、楽しかった。

あとはのんびり帰るだけ。
2012Ototsuma0041.jpg 

帰路はかったるい登りトラバースをできるだけ避けて直登気味に佐渡山のコルへ向かい、そこからは往路1時間半かかった尾根と長い林道を20分で滑って大橋へ戻りました。

佐渡山のコルまで登りあと10m! ガンバレ、オレ!!
2012Ototsuma0042.jpg 

無事到着~。                       Photo まっちゃん
P2250526.jpg

気になっていた乙妻山北東斜面のワンデイツアー、それも厳冬期にできて大満足の一日でした。

2012リゾートスキーその2-1

速報
2月25日【乙妻山 厳冬期ワンデイ】 大橋⇔佐渡山のコル⇔乙妻山北東面⇔乙妻山
W/まっちゃん(おミズはまたも出た佐渡山の魔物に掴まってコルで敗退)

還暦1年前にとってはなかなか充実した1日。

まっちゃん、Thanx!
Peak_Ototsuma.jpg 

疲れきってしまい、せっかくの豪華リゾートマンションライフだったのにノムノムが選んでくれたスペインワインにも美味しい地酒にも辿りつきませんでした。 夜中に足が攣りました。



PS:先週初めの日照によるものと思われる融解凍結層にこの土日の新雪が4,50cm以上(今夜も?)乗ったはずです。週明け、少なくとも妙高、戸隠方面はいつも以上に注意が必要と考えます。

目指せ、夏のアルパイン!

2月23日【Base Camp】@入間 W/サミー、モモコ、うっちー(OAC)

へっへっへ、smooth(11a/b) RP!! (6,7便目かな?)

たぶんもう少しはいけるような気はしますが、ガバガバ耐久系でのグレード追求はこれで一旦おしまい。これからしばらくは手はカチ、足は豆粒、バランシーなムーブを要求される10d,11aクラスを確実に登る練習を始めます。

どうせフリークライマーにはなれやしないんだから、アタシは。

しっかし、毎週毎週Yujiさんに10aとかをトップロープビレイさせてる謎の美女は一体だれ????

2012リゾートスキーその1-5

2月13日
2月9~13日 【上富良野遠征】
13日(月)曇り・ガス 上富良野岳D尾根

昨晩から悪寒がして軽い下痢と腹痛。
下痢や腹痛などほとんど記憶がなく鉄の胃腸と言われる私ですが、大事をとって最終日は独り布団にくるまっていました。

残念ですが仕方なし。

来年はいよいよカラフト開拓?それともガイドレスで本場オートルート?このメンバーなら大船ですね。Mustagh Ata だったら私は無理だけど。

2012Furano0036.jpg 

とか言いつつ、今季の温泉リゾート楽チンスキーはまだまだ続きます。人間ダメになります。

春の収穫祭

2月21日【Base Camp】入間

サミー:マグマ大使(10b)RP       3便目
モモコ:Sweet Potato(10c) RP 2便目
常吉:ピカピカ星(11b) RP        ギリギリ一桁? 二桁??

全員BCでのRPグレード上げました。

未だ登れない10aが沢山あるサミー、これはなぜかサクサクと。
そのサミーに一瞬追い付かれたモモコは先輩の意地で振り切り。
二人とも夏の目標が具体化したのでがんばったのかな?
私も自己最高グレード更新。

ずいぶん遅くなっても来てくれたOACのうっちーは宿題だったマグマ大王(10c)ゲット。

みんなで収穫祭やりましょ!

2012リゾートスキーその1-4

2月9~13日 【上富良野遠征】
12日(日)曇り・ガス 三段山
11/12シーズン滑走16日目 JJ(175), Onyx, TLT5,CT40

昨年伝説の羽パウをゲットした三段山。

毎晩毎晩サラサラの降雪。昨晩も20センチ。
夢よもう一度…ってか外れなんかありえないでしょう、この時期。
2012Furano0026.jpg 

うへへへへ…
P2120426.jpg 

昨年狂ったように何度も滑った1段目はまだノートラック…、うへへへへ…。
P2120427.jpg 

凍傷予防のためにゴーグルでハイクアップしていたのですが、ファン回しっぱなしにもかかわらず凍りついてしまいました。サブゴーグルを宿に忘れてきてしまったので、サングラス。顔が痛いっす。

しかしあの羽パウのためなら何のこれしき…  うへへへへ…
P2120430.jpg 

2段目の上に出た途端に今年もボーボー、ホワイトアウト。写真を撮る余裕などありません。それでも山頂を目指すというまっちゃんとOさんと別れ、羽パウ狙いの4人はここから滑走です。

さあ、オーバーヘッドGo,Go,Go!!!

あれっ、なんかヘン…。板が全然動きません…
砂の上を滑ってるみたいに板が引っかかってしまいます。もっとも私は砂の上なんか滑った事はありませんが。

なーんじゃ、こりゃぁ… 期待の1段目を滑っても全然ダメです。 ここが本州だとしても外れの部類。ちっともたのしくありません。

事態を俄かには信じられない3人は未練がましく登り返して行きましたが、私だけ白銀荘に避難する事にしました。だって寒過ぎるし、サングラスも凍りついちゃって前見えないし、厳しいだけでつまんないんだもーん。

途中ですれ違った地元の人に「いったいどーなってんだよー、責任者呼べよっ!」って文句を言ったら、この時期は気温が低すぎて雪の粒子が固く小さすぎてダメだそうです。Keiko隊長達が会った地元のガイドも同じ事を言っていたそうです。 片栗粉パウダーっていうんだそうですよ。上富良野は2月末から3月初めがパウダーシーズンだそうです。

残りのメンバーも1,2時間の内に三々五々戻ってきました。みながっかりです。 


しかし、パウダーに外れはありますが、温泉とビールと仲間に外れはありません。ま、大人のリゾートスキーですから。  
2012Furano0031.jpg

写真を撮ってくれたのは札幌から奥さん子供を連れて富良野に移住してきた若いボーダー。冬は滑り放題、夏は60cm超のサクラマス、カラフトマス、野生化したニジマスだってよ。
北海道の人、ズルイです。

家賃18k、水道使い放題1k、定年後の移住検討開始しました…。

2012リゾートスキーその1-3

2月9~13日 【上富良野遠征】
11日(土)曇り・ガス 富良野岳ジャイアント尾根
11/12シーズン滑走15日目 JJ(175), Onyx, TLT5,CT40

今日はまぁまの天気。昨晩30cm以上降ったのでバフバフ期待しつつ富良野岳登頂を目指します。

ダムのすぐ上流でヌッカクシ富良野川を渡渉。昨年より雪が多いのでひとまたぎでしたが、中洲の先の凍った1本橋は笑い物にならないように慎重に。
2012Furano0010.jpg 

昨年はフルラッセルでG尾根末端からハイクアップしましたが、今年は勝手が分かったので北尾根に巧妙に付けられたトレースをトレース。ピンクリボンが示すベベルイ川渡渉点でG尾根に取り付きました。
2012Furano0011.jpg 

2012Furano0013.jpg 

林の中はほとんど無風でしたが、森林限界に出ると上部の強風を想像させる風が吹き始めました。雪も固くウィンドクラストです。山頂を目指すKeiko隊長、Oさん、まっちゃんと定時交信などの打ち合わせをして我々3人はここからG尾根を滑る事にしました。

気温マイナス16度の中で強風に吹かれ、凍傷手術いらいすっかり弱点になってしまった指が激痛、滑走準備が終わってからもしばらくは滑りだす事すらできませんでした。

ちなみに今回使ったグローブセット。インナーはSeirusのエクストリームオールウェザーグローブ。本来立派なアウターです。その上にはBD最強(購入当時)のマーキュリーミット、マイナス29度対応です。この組み合わせだとストックのストラップが短くてまともにグリップを握れないほどかさばるんですが、それでも指が痛いわが身が悲しいです…。


Gloves.jpg

たった1時間ほどの登りでしたから滑りは一瞬。身体を飛ばされるような強風ですぐに戻ってきた登頂組3人とベベルイ沢で合流しました。

登り返し。
2012Furano0015.jpg  

今度も森林限界まで。
2012Furano0019.jpg

尾根の北斜面に入ると短いので尾根の背を忠実に末端まで滑る事にしましたが、…
2012Furano0022.jpg

これはすぐに傾斜が緩んで面白くありませんでした。失敗。

もう一度登り返して最初のルートを滑ろうという事になりましたが、何をやってもCT40が全く貼りつきません。こんな時のためにスキーストラップ各2本を用意していたのですが、カムロックによるシールテンションが甘かったために歩いている内にフロントの金具が外れてしまって難儀しました。カムロックの調整は手がかじかんだ現場ではなかなか困難です。結局テーピングテープも動員してなんとか復帰しましたが、寒い中みんなをずいぶん長い事待たせてしまいました。

そして最後の一本は往路を戻って北尾根ジェットコースター。
下山口からは10分で戻れるので、3時のルームサービスに間に合いました。
2012Furano0033.jpg 

明日は天候が悪化するので三段山で伝説の激パウ狙いです。

2012リゾートスキーその1-2

2月9~13日 【上富良野遠征】
10日(金)雪 カムイスキーリンクス
11/12シーズン滑走14日目 JJ(175), Onyx, TLT5,CT40 

旭岳登頂狙いでしたが、強い冬型で市内でも朝から結構な雪。標高の低いカムイスキーリンクスでパウダーを頂くことにしました。

標高700m以下でこれ。旭岳に行かず正解でした。
2012Furano0006.jpg 

カムイスキーリンクスは自己責任で管理区域外滑走を認めています。ロープの外にはこれ以上滑り下りるとゲレンデに戻れない事を示す案内板や目印がありますが、登り返しに備えて念のためシールは携行しました。三種の神器はもちろん必携。

何度か来た事のあるまっちゃんの案内で効率よく回します。 ゲレンデにはスキー講習の小中高生が大勢いましたが、ゲレンデ外で見かけた人は丸1日でたったの二人。ファーストトラック争いなんて概念すらなさそうです。

いさむさんの滑り。細板なのにフォールライン過ぎまでこんなに浮いてます。頭の位置もずっと変わらないんだよなぁ。
2012Furano0007.jpg  

ターン後半はこんなに潜る深雪なのにねぇ…
2012Furano0008.jpg

リフトとゴンドラでバンバン回して人けのない疎林のパウダー堪能。1日リフトとゴンドラを使ったのにゲレンデ滑走はつなぎの僅かな区間だけ。
2012Furano0039.jpg 

シニア1日券¥2300、カツカレー¥650かそこら、ハイクアップなし・競争なしでパウダーツリーランし放題… 。 北海道の人、ズルイです。

リフト終了まで滑って上富良野へ移動。

カミホロ荘湯治パック 1泊3食 3時のおやつ(ルームサービス) 付きで¥5600
夕食時の富良野ブラックカレー、サラダ、富良野蕎麦、チョコフォンデュは食べ放題。暖房ガンガンの6畳に悠々二人。人間ダメになります。
Dinner_Kamihoro.jpg
 
札幌からでも旭川からでも無料送迎。北海道の人、ズルイです。

2012リゾートスキーその1-1

2月9~13日 【上富良野遠征】

一昨年のニセコBCでの晴天弩パウ、昨年の上富良野での人生初の羽パウ、と大当り。すっかり味をしめて今年も北海道遠征に行ってきました。

9日旭川トーヨーホテル泊(早割ツイン¥2500!)
前夜祭@北の酔い処 

北海道の冬、まずはタチポン!
Tachipon.jpg 

コリッコリとプリップリ。
2012Furano0003.jpg

ニシンなんか、と思ったのですが白子がパンパンに詰まった絶品。こんなの普段から喰える北海道の人、ズルイです。
2012Furano0002.jpg 
この先酔ってしまって写真も記憶もありません。気が付いたらホテルのベッドで朝でした。

生各自2杯、芋焼酎ボトル2本、各自が好きな物好きなだけ頼んで1人¥4000とちょいだったとか。北海道の人、ズルイです。

友情出演

しょうこちゃんDebut!

P1110763(1).jpg  

私とまっちゃんも「赤牛岳方面からの数本のシュプール」で。O御所さま、ありがとうございました。

さてさて今年はどのラインsやっつけようか。


PS
今日はぴかぴか星11b 1テン・トップアウト。 体調戻った。

ポイ捨て禁止

2月14日【バレンタインプレゼント】@都内某ジム

いーっしょ 
長女に見せたら知ってて、こんなの貰ったの!?ってびっくりしてました。←自慢
ちなみに下の黒い箱はその長女からですが(←これも自慢)、中身は祖母と母親と本人の口の中に消えてしまったので、味は分かりません。
P1110756.jpg

そんな話じゃなくて、年明けから何のかんのとあって今日がようやく秘め練始め。

まずは近況からお伝えしなきゃなりません。意地なんで。
私:一昨日から下痢と発熱。昨日は皆が上富良野岳を目指す中、独り寂しく布団の中でお留守番。朝お粥半分、昼抜き、夜雑炊4口(と大雪地ビール1杯)。大人としては口に出せない不安を抱えて飛行機に乗って、日付が変わった深夜にヘロヘロ帰宅。
姫:年末からP系某ジムのスクールで炎の特訓。週2以上ペースを維持して燃えちょります。

まずはトップロープ壁で軽くお手合わせ。
そしたらなんでもない5.8のスタート態勢で足を滑らせてフォール… 唖然
先々週アップでOSした10aには手も足も出ず。姫はあっさり攻略…。まっいいか。
「はい次はこれ、次はあれね」と休みもせずに次々陥していく姫に10cまではなんとか付いていったものの、今年まだ3回目の私は早くもパンプ。

それに比べて2カ月ぶりに見る姫の登り、上手くなってました。足の使い方がとても上手くなったし、レストも上手。まるでフリークライマーだぜ。それに自信持ってきたし、ヤな予感…。

んじゃぁってことで、課題が一新していたリード壁に移動して中央壁左赤10aを常OS,姫FLした後、前傾壁の10dにトライ。ここまでで既にパンプしていた私はボロボロになって4,5テンでようやくトップアウト。

OSできなかったとはいえ、お買い得だったし、ヤな予感…。

で、やっぱ…
姫はカッコ良くチョークアップを繰り返しながらよどみなくFL!  マッチトライに勝っただけじゃなくて自己FLグレードもあっさり更新しちゃいました。最後私は5.9でクールダウン(OS)したのですが、当然同じルートに行くのかと思っていた姫は隣の10bでクールダウン(OS)…。最初から最後まで差を付けられっぱなしの日になっちゃいました。

あーあ、ついにこの日が来てしまいました。でも今年はあちこちアルパインに行くつもりなので、今日の姫の姿は本当にうれしいバレンタインプレゼント。アルパインの核心ピッチお願いです!

あっ、その前にオレなんかクチャクチャポイか?

三時のおやつ


気温低すぎ!片栗粉パウダー…

カミホロ荘


三食三時のおやつとお酒一本付きで5600円…。堕落一方の我ら。

写真忘れ





2月14日追記
窓の外の雪景色を写したつもりだったのに後方の部屋の様子がガラスに写り込んでこんな写真になってた。びっくり。

バフバフ

カムイスキーリンクス、サイドカントリー滑り放題。効率良すぎて滑り過ぎ。明日は富良野岳登頂。

旭川着





しかしなぁ…
Temp_Asahidake.jpg 

'12山スキー虎の穴

2月4,5日【エキスパートキャンプ】@宝台樹スキー場、奥利根スノーパーク、ホワイトバレースキー場
11/12シーズン滑走12,13日目 Sugar Daddy(163), Onyx, TLT5

これ、気が付く人は気が付くかな…? へへへっ
2012Ex_Camp0016.jpg 

SAJ現役指導員で山スキーのベテランのいさむさんの山スキー講習会に今年も参加してきました。エキスパートキャンプと銘打ってはいるけど、我が会が誇る本物のエキスパート連中が集まるわけじゃなくて、エキスパートを目指す会員対象の講習会ってことでしょうね、多分。

初日の昼間は宝台樹スキー場で朝9時から17時までみっちり。
2012Ex_Camp0001.jpg

いさむさんが教えたい事はFat Skiの浮力に頼らなくてもいいパウダーの滑り方だったのでゲレンデ板で来るように言われていたのですが、そんな親心も知らずにサイドパウ狙いでSugar Daddyで行っちゃいました。

カ・イ・ガ・ン…


夜は夕飯ささっと食って奥利根スノーパークに場を移して深夜12時までの滑り込み。しんしんと雪が降る中、昼間教わったことを実戦的に反復練習します。
2012Ex_Camp0009.jpg 

みるみる積もる雪。素晴らしいコンディションでの練習でした。滑りだけじゃなくて地形に応じた4種類のキックターン(下り)とか、危険回避のための一発ストップの練習とか、危険箇所を飛び越えるためのゲレシュプとかも。去年は小枝の払い方なんて小技もやったのですが、今年はやりませんでした。

最終リフトの乗車タイミングが合わず、残念ながら今年は23:50で終了。滑り足りないよー。
2012Ex_Camp0012.jpg 

宿に戻ってからはワイン片手にはまっちゃんと池さんと来月の冒険スキーの打合せ…。

で、眠い目をこすりながらの翌日は今シーズン初めての青空。
2012Ex_Camp0015.jpg 

昨日の成果をサイドカントリーの深雪で試す予定でしたが、田尻沢が雪崩でクローズ。腐れ雪の練習でもやるかということでホワイトバレーに行く事にしました。若いころ家内と通い詰めた懐かしいスキー場です。あのころちゃらちゃらソリとかしてないでまじめに練習しておけばなぁ。

滑り出しが9時と遅かったのでパウダーはとうに喰われてしまっていましたが、それでも喰い残しを探して結構いい練習ができました。

午後はもうこの通り圧雪同然。各自テーマを決めて滑り込みに励みました。
Skier:ノムノム ←ミコで残念!!!  なっ、みなの衆!! つーか、まっちゃん!!!
2012Ex_Camp0024.jpg  

2日間で滑りが見違えった参加者達。私も昨シーズンからのいさむさん講習会のはしごのお陰で、今までだったら下りるだけが精いっぱいの状況でも自分なりに攻める事ができるようになってきました。後はこれを覚えていられるかってことだな。

今シーズンはいさむさんとの遠征山行が今月来月2回もあるので、くらいついて行こーっと。

魔物棲む佐渡山

 1月29日【佐渡山南尾根】
11/12シーズン滑走11日目 Armada JJ(175cm),Onyx,TLT5,CT40

今日こそは中妻山のはずだったんですが、予想外の荒天とちょっとしたトラブルでの出発遅れ。お手軽な半日コースの佐渡山に変更しました。

おーすけさんの今年のパウ板は落ち着いた大人のグラフィックのROSSI スーパー7。私のJJとよく似た5プロポーションですが、メタルコアを採用した滑り屋さん向けです。TLT Radical  FTとの組み合わせで確か6.3kgって言ってたかな。JJはずっと重いONYXとの組み合わせて5.8kgですから、板自体はしっかりしている分こちらの方が大分重いようです。
2012PC0031.jpg 

板談義も終わりそろそろ出発という時に、昨年都幾川でチャリオフしたTeamねこばばのveveさんと再会。私の口車に乗って買ったNew Normal(Blue Morris)を気に入って頂いたようでホッとしました。みんながもう歩き始めた時だったのでほとんどお話できなかったのが残念です。

今日はラッセルなしの高速道路。こうなると足の速い彼らに付いて行くのはなかなかの苦行、ゼーゼーしちゃいます。
2012PC0033.jpg 

ありえへん! まっちゃんリタイヤ。ここ戸隠には何か魔物が棲んでいるのでしょうか。これについては後日改めてお知らせします。
2012PC0034_1.jpg  

例年休憩なしで山頂まで行ってしまいますが、ピストンモード漂う今日はのーんびり。しかし体力を持てあましているこの人は皆が休んでいる時も独りラッセル勤行。 偉いなぁ。
2012PC0036.jpg 

稜線に出ると眼球の凍傷が心配になるくらいの強風の中、山頂まで行かずに往路を戻る準備をしていた大人数の先行パーティーを2つパス。これでトップに立ったので山頂東面のノートラックパウダーを思い浮かべニンマリです。

不思議な事に山頂はほぼ無風でした。しかし残念ながらドロップポイントへ向かう途中の斜面に覆いかぶさっているはずの雪庇の様子がガスで見えません。

佐渡山なんかで雪崩に遭ったんじゃ情けないんで、無難に西面を滑り、往路の尾根に登り返して戻ることになりました。今日は東面を大タルミからの登山道までつなげて滑るとパウダー満喫間違えなしだっただけに残念。
2012PC0037.jpg 

気温が低く雪は最高だったんですが、山腹のギルランデと瘦せ尾根では豪快なパウダーランは望むべくもありません。でも、こんな条件の日でも山頂を踏めたので良しとしましょう。

おーすけさん、参加者のみなさん、今年もありがとうございました。