FC2ブログ

AⅡ有所見正常

3月30日【定期健診結果】

P1090066_1.jpg 

P1090067_1.jpg 

不完全右脚ブロック(∋ スポーツ心臓)が10数年ぶりに復活!
昨年8月からのチャリトレ2236.14km の効果かな?

体脂肪が減ったのに体重(+1.3kg)、ウエスト(+4cm)共に増えたのはムキムキマンになったんだという事にしておこう。

今夜もがんばるぞー!!   てなわけで。

予想的中

 3月27日 【水上高原宝台樹スキー場ファイナル】
今季滑走33日目(Sugar Daddy, ONYX, TLT5)

原発との必死の戦い、被災者の方々の事、万が一の時の家族の安全確保、いろいろな状況を考えるとまだ自粛が妥当だろうとは思っているのですが…
P1090057.jpg
鬱々とした気分で自宅にいるのに耐えきれず、ストイックな練習ならいいだろうって免罪符の下、行ってきました。

こんな状況下ですから今日は早くも今季ファイナルデイです。リフト券格安(差額は募金箱へ入れました)、駐車場無料、そして思った通り一般レッスンの生徒は私だけ

急遽決めたのでONYXを移植する時間がなくてファットスキーでの受講。もっとも私の場合板以前の問題なので、スーパーファットじゃなきゃ何でもいいんですがね。
P1090054.jpg 

ボードのグラトリ大会が予定通り開催されたので、坊主頭にサングラスと野球帽、大きな刺繍の入ったウェアーに腰には何だかチャラチャラぶら下げて、足の長さは身長の1/4くらいでしょうか、そんな人ばっかり。写真撮ろうかと思ったのですが、自粛。

午前午後合せて4時間のマンツーマンレッスン。お陰さまでいろいろ分かりました。今日もまた8時半の1番リフトから16時半の最終リフトまで昼飯抜き、ビールなし。トイレ以外板を外すことなしで目一杯。来シーズンは山を封印してここで練習に専念してもいいかななんてチラッと…。

ここ水上町にも片品村にも多くの被災者の方が避難されてきています。今度の週末は私もこの辺りの山に入る予定ですが、くれぐれも遭難事故など起こして地元の方々にご迷惑をおかけすることなどないようにしたいと思います。昨日今日、避難されてきた方々のお子さん対象に無料スクールを開催したというお話、良かったなぁ。

鎌高47年卒緊急連絡

鎌倉高校47年卒業の皆さま、

福島で障害者の自立支援に心血を注いでいた柔道部のDが今回の大震災で苦境に陥っているとの連絡をたった今受けました。緊急に協力をお願いしたい事があります。下記掲示板に25日付で告知を貼りつけましたのでご覧ください。(PWが設定されていますが、卓球部、陸上部、野球部、ブラバン辺りのメンバーに聞いてもらえれば分かると思います。 )

http://6323.teacup.com/enoden/bbs

ちなみに連絡をくれたのは初恋の人、liccoさん 
 
(鎌倉高校 卒業生 義援金 同窓会 柔道部 福島 東北関東大震災 地震 被災 被害 支援 ジョージ わたる先生 おち先生 だいらく)

義援金はどこに送る?

3月21日

義援金・支援金の送付先について調べてみました。
大別すると3つあるようですね。

①集めたお金を義援金配分委員会を通じて100%被災地に贈る団体。→日赤、各都道府県、一部報道機関など。
②集めたお金を使って被災地での救援活動を行う団体・個人。→NPOなどボランティア機関。
③集めたお金の一部、あるいは全部の使途が不明となる団体・個人。→??

①の亜種として、一旦集めたお金をまとめて①や②の団体に贈る所も沢山あるようですが、集めたお金の全額を募金に回すのか、それとも一部を人件費や事務費として使ってしまうのかを明確にしていない場合が多いようです。ただしTV番組やタレントの力は大きいので募金の掘り起こし効果という点では貢献度大なのだと思います。

現時点では実際に現地に入って救援活動をしているボランティアの方々に活動資金を送るのがいいのかもしれませんが、私は個々の活動実態を知らないので日赤に送ることにしました。

義援金の送金先について調べたい方はここがいいかも→http://irritantis.info/archives/652


さて、今週末。
やっぱ裏松・横松か。

トレーニング

3月19,20日

自宅でただ大人しくしているのも辛いので救援活動の端っこを二つ三つ終えた午後は春に備えてトレーニング。

19日 Via Nirone
黒山三滝ピストン(51.65km Ave24.4km/h 924kcal)  
ウグイス初鳴き、タテハチョウ

20日 XC-BART
館川ダム、天久林道他(32.57km Ave15.8km/h )
ウグイス、コジュケイ、コゲラ、カケス、シジュウカラ

腱鞘炎になって以来8ケ月ぶりのMTB。親指シフトが未だに辛い。P1090043.jpg 

P1090048.jpg

天久線はドンツキだった。 この後石に乗り上げリム打ちパンク。あろうことかポンプ忘れて娘に回収依頼、余計なガソリンを使ってしまった。
P1090045.jpg 

ところでカッコいーロード乗りさん達ってどうしてMTB無視?ロード乗ってる時は挨拶してくれるのに。
そう言ってるお前だってママチャリ無視だろうがってぇ!?
違うでしょ。


夜、mixi「群馬バックカントリー(仮)」コミュの飲みオフ。MTBの距離が短かった分武蔵嵐山駅前の「大根や」までの5kmを速足ウォーキング。

ウッディーさん、ツヨシさん、しょうちゃん、ヂュン君、浄財感謝!

春の知らせ

3月19日【春の知らせ】

ウグイス初鳴き。
山ウド、フキノトウ。
P1090039.jpg 

春は来るよ。

中古アウターウェア受付

全日本スキー連盟が「 I LOVE SNOW」 One's Hands プロジェクトを発足し防寒具を中心とした救援物資の募集を行っています。肌に直接触れないアウター中心なので清潔であれば使用品でも受け付けるそうです。(Monbel義援隊は中古衣料不可)

「災害救助物資支援」に関しては、被災地の受け入れ態勢が整っていないと現地の作業が増え、かえって迷惑になってしまうなど、非常に繊細な行動が必要です。 「I LOVE SNOW」One’s Handsプロジェクトでは、我々のボランティアチームが、みなさん一人一人の気持ちを集約し、代表して、被災地の災害対策本部や内閣府の指導のもと輸送手段、輸送先、配布方法、タイミングなどを考慮した上で行うものです。 我々の活動に賛同、共感し、一任いただける方のみ、ご参加下さい。  (太字は常吉による)

中古品可ですが、着古したようなものを送る失礼な事は避けたいと思います。送るのはちょっと惜しいなと思うくらいの物、自分がもらって有難い物がいいかと。

受付は3/23AMまで。

以下rikyuさんからのお知らせをそのまま転記いたします。

================================

《I LOVE SNOW One’s Handsプロジェクト》プロジェクトが発足
http://www.ilovesnow.jp/ones_hands/index.html


東北地方太平洋沖地震の発生を受け、被災地の皆さまには謹んでお見舞い申し上げます。

この度、大きな被害を受けた地域には多くのスキー場があり、嘆いているばかりではいけないと思います。ウィンタースポーツ団体・業界として、またスキーヤー、スノーボーダー個人としても、心を痛めている多くの人たちの気持ちと行動を集結して形にしたいと考えました。

~ 中略 ~

避難所での生活を余儀なくされ、極寒の中で毎日を過ごす被災者の方々がまだたくさんいらっしゃいます。被災地では、毛布、衣類、防寒具が不足をし、依然非常に厳しい状況です。そのため、「I LOVE SNOW」One’s Handsプロジェクトでは、下記のとおり、防寒具を中心とした救援物資の募集を行います。

ウィンタースポーツに携わる方々、被災地への救援方法を模索している方々、呼びかけ、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

~ 中略 ~

○毛布・寝袋(掛け布団等の布団は除く)
○防寒具(スキーウエア上下・コート・ジャンパー・ダウンジャケット等のアウターウエアのみ)
○ニット帽
○手袋

~ 中略 ~

2011年3月16日(水) ~ 3月23日(水) 午前中着荷にてお願いいたします。

〒104-8172
東京都中央区築地1-13-1
(株)アサツー ディ・ケイ内
SAJ「I LOVE SNOW」キャンペーン事務局 丸山智弘 宛



※詳細は
http://www.ilovesnow.jp/ones_hands/index.html
こちらよりお問い合わせ下さい。

できる事

 3月18日 【AIRWAVE 偉い!】

① 4WD、スタッドレスにMTBやビバークセット積み込んでの通勤でも為せば成る。
P1090035_1.jpg 

瞬時燃費じゃないからね。毎日トラックの後ろにピッタリ付いてがんばりました。
P1090036.jpg 

②【告知】
20日(日)にmixi群馬バックカントリーコミュの若いBCスキーヤー・ボーダーが東武東上線武蔵嵐山駅東口に集まって山に行けない憂さ晴らしをします。

参加者の皆さん、
会費は実費ですが、その他下記のテラ銭を余興として胴元(常吉)に払って頂く予定です。

1. エントリーフィー500円
ただし胴元とジャンケンをして勝てば不要。(胴元が代わりに払います。)
2. アルコール最初の4杯までは1杯につき300円、それ以降は1杯に付き150円の寺銭を現ナマでテーブルに置いてください。(要小銭)  最後に胴元とジャンケンして勝てば3割返金(胴元負担)。負けたら1割アップ。もちろん懐具合や飲み過ぎた時を考えた減免措置や上限もあり。
3. 寺銭の使途明細書は後日発行。支出先は当日相談ね。

まぁ、酔っ払いのやる事ですからどうなるかわかりませんけどね。適当です。

☆20日18時15分頃東武東上線武蔵嵐山駅東口集合、または直接店へ。
☆「大根や」 東口から徒歩5分 0493-62-9921 (「常吉呼んでくれ」と言って下さい) 都心の味自慢に引けを取らない新鮮な魚や炙り焼きが自慢の炭火焼店。味は私が保証します。

ご賛同いただける方の飛び入り参加歓迎ですよ~。


露呈

3月14日【躁と鬱と…】 


先週末は両手に花をかかえてmixiテン担コミュの八方スキーオフに乗り込む予定でした。ジャンさん始めコミュの皆さんと盛り上がるのがとっても楽しみだったし、毎週第5にたむろしているという悪そうな方々のお顔も遠くから拝見してやろうと、ウキウキと…

突然の恐怖と果てしない絶望。今この時間も続く命をかけての対策活動。 故郷の家族を案ずる同僚・友人…

 
今週末は余震がとか、原発がとか、そんなことじゃなくて行っても脳味噌溶けそうもないから行きません。

我ながら弱いな、オレ…


ちょっと気を取り直すために;
この震災後半日以上携帯は通話もメールも役立たずでイライラしましたが、インターネットやiモードは通常通りに機能していました。なので家族間の非常連絡にtwitterを設定してみました。ツイートを非公開にして互いにフォロアーになればそれで家族間ネットワークの完成です。設定したPCや携帯電話からはもちろん、インターネットにつながっている端末からなら簡単にアクセスできます。デジタル難民の私でも簡単に設定できましたのでお勧めです。

会社でこの話をしたら中高年にはその有用性を知らない方が多かったようなので。

個人による救援物資送付について

せめて毛布や防寒着でもすぐに送りたいと思ったのですが、個人の救援物資は逆に現地の迷惑になる場合を考えなければならないようです。

福島県は辞退。自衛隊の受付はデマ。
現段階ではどの自治体も受け付けていないようです。

http://www45.atwiki.jp/jishinhigashinihon/pages/23.html
http://www45.atwiki.jp/jishinhigashinihon/pages/22.html
http://d.hatena.ne.jp/k_ma_calon/20110311/1299837162

状況は刻々と変わる可能性があるので、自分自身の目で1次情報をよく確認してから行動することにします。

18:40追記
義援金の受付が各所で始まっていますね。マスメリットを活かせる所がいいかなぁ。

災害時の透析施設案内

FCAMP仲間からの情報をリンクします。

http://bush.air-nifty.com/bushlog/2011/03/post-5b8a.html

安否確認

都内の家族へ。
無事とは思うけれど連絡ください。(携帯は通じないのでコメントで)


我が家は家族全員無事です。




一四七弐拾

3月10日 【十四代七垂二十貫(しちたれにじっかん)】六角@池袋

P1090024.jpg 

まぼろしの銘酒をたまたま前回と同じ顔ぶれで。
P1090015.jpg 

のどぐろの炙り鮨。
P1090021.jpg 

松川の地熱発電所と無縁ではない方々でした。

極楽湯治スキー2

7日 源太ケ岳 (ルート図は常吉山のページTOPにリンク。)

昨日は夕方から吹雪になっていたので心配していたのですが、朝起きてみたら岩手山の山頂が見える穏やかなお天気。善人二人には神も微笑むということでしょうかねぇ。 常吉のいく所悪雪も荒天もなしです。
P1080952.jpg 

でも午後からは雪との予報だったので比較的地形のはっきりしている源太ケ岳に行き先を決定しました。ホテル前からボンネットバスに乗って松川温泉峡雲荘まで行きます。
P1080955.jpg 

すごいオーバーハング(=ショートホイールベース)は狭い道での回転半径を考えての事でしょうか。68年式ですが冬だけの走行なので走行距離はまだ45万kmとか。だからエンジンもトランスミッションも当時のままだそうです。
P1080960.jpg 

ボンネットバス終点の松川温泉から奥産道を行きます。この先左手に見えてくる地熱発電所のクーリングタワーの秘密を解き明かしたのは私です。 (蒸気をお湯に戻して八幡平マグマの湯として利用しているのだと思いますが、どうでしょうか。)
P1080961.jpg 

夏道じゃない所を行きましょうということで、湯ノ沢に架かる橋まで行っていったん右岸に渡ってから橋のたもとでスノーブリッジを使って左岸に渡り返し、1305から延びる尾根に取り付くことにしました。
P1080967.jpg 

最初はちょっと急でひと汗かかされますが、すぐに楽になります。
P1080968.jpg 

源太ケ岳の広大な南面が見えました。写真左手のコル状から傾斜が急に変わる部分で北東方向へトラバースするのですが、何度か雪崩事故が起きている場所なので雪の状態が悪ければ右手の谷へいったん下りて東側へ回り込むつもりです。
P1080969.jpg 

幸い雪が非常に安定していた事と、小さな雪崩ならば堆積区になってくれそうな段差が上にあったのでトラバースする事にしました。
P1080970.jpg 

すっごく魅力的な斜面がどこまでも続いてます。
P1080974.jpg

P1080972.jpg  

東尾根に回り込んで登って行くと源太ケ岳の標識がありましたが、山頂はこの数m上です。 右奥にはいつかは行ってみたい大深山が見えました。
P1080978.jpg 

元々は南側の大斜面の滑走を狙っていたのですが、雪がちょっと固めだったのでパウダーを求めて東斜面に行ってみたらそれが正解。極上とまでは言えませんでしたが、文句のないパウダーをゲットでしたよ。
P1080984.jpg

東斜面が終わってからもどの面を滑るか迷ってしまうほど魅力的で広大な斜面が広がっています。 雪の良さそうな南東斜面を沢に向かって滑ることにしました。
P1080985.jpg 

P1080990.jpg 

3ピッチ滑ってからよほど登り返してみようかと思ったのですが、午後から雪の予報にホワイトアウトを恐れて自重しました。

樹林帯に入ると雪はますます軽くなり、大笑いが止まらず奥産道が見える所まで一気に滑り下りてしまいました。余り楽しくて写真を撮るのも忘れてしまったし、地形も頭に入った事なので1148まで登り返す事にしました。

2度目の樹林滑走風景。文字通り笑いが止まらない風景をご覧ください。

[高画質で再生]

源太ケ岳滑走1 [無料ホームページ]


[高画質で再生]

源太ケ岳滑走2 [拍手]

で、狙い通りのポイントで奥産道に出ました。でも地形図が頭に入っていないと文字通り崖っぷちになる可能性があります。
P1080996.jpg

帰路は松川温泉峡雲荘の熱い濁り湯を楽しんで、再びボンネットバスに揺られてホテルに帰りました。

夜は温泉、マッサージ、挙句の果ては足裏エステ…。

極楽湯治スキー1

 3月6-9日【岩手スキー三昧】
今季滑走30,31.32日目(Sugar Daddy, ONYX, TLT5)

盛岡往復を新幹線、滞在は朝夕2食付きの豪勢なリゾートホテルに3泊、それなのに参加費用が往復の新幹線代+α、つまり宿泊費がただ同然というお得なツアー(JTB旅物語)に乗って平日の東北スキーを楽しんできました。

八幡平ロイヤルホテル。
P1080951.jpg  

部屋は岩手山マウンテンビューサイドの広~いツイン。

独立峰はカッコいいね!登行意欲をかき立てられる 屏風尾根も今回の候補の一つなのですが、この日はすごい勢いで雲が流れていました。立っていられないくらい強い風でしょう。この山域を ツアー中だったはずのMさんはどうだったのでしょうか。
P1080950.jpg


6日:八幡平リゾート下倉スキー場  (晴れと吹雪が10分置き)

14時過ぎにホテルに到着。スキー場へのシャトルバス便は14時45分発、リフトクローズは16時なので滑走時間は約1時間しかありません。同じツアーの方々は今日は温泉でのんびりのようでしたが、貧乏症の我々は大急ぎで準備をして下倉の壁を目指しました。

期待していた37度の下倉の壁はカリカリ・ガタガタで面白くなかったのですが、このスキー場はおおらかに樹林を開放していて規制のロープも立看も一部を除いて見当たりません。関東甲信越ならばギタギタにされているはずの気持ちのよい樹林帯は何故かノートラック。重めパウダーを3本頂き、リフト終了までの1時間10分で計7本。ちょっと時間は短かったですが、やはり滑っておかないと落ち着かなくて…。

ただ同然で泊ってこの食事。
P1090003.jpg

旅の疲れに岩手の地酒の酔いが回って、2度目の風呂から上がった21時にはもう夢の中でした。 

つづく。 

35km

今日は秋田の山狙って4時に起きたものの天候がいまいち読めず、安全策をとって雫石スキー場。

東北の名門コースも平日とあってほとんど貸し切り状態。指導員の先生とマンツーマンで滑走距離35km越え!いくらヘボなオレでも少しは進歩したかも。

源太ケ岳大成功!


午後から雪予報でしたが、ホテルの窓からは未だ岩手山のピークがクッキリ。源太ケ岳新ルート開拓大成功!今、余韻にまったり。 

moblog_3691172c.jpg   moblog_e13234c0.jpg 

行ってきま~す


山籠り、再び

3月6日【向上心】

悔しいから日夜イメトレ。昔との作法の違いをようやく理解。
P1080949.jpg 

でも机上練習だけじゃ上手くなるわけないんで、現役指導員先生と4日間マンツーマンゲレンデレッスン♪♪  しばらく北東北に籠ってきまーす。 
 
な~んちって、源太ケ岳、秋田駒、三石山、岩手山、…。え~へっへっへっへぇ

とってもディープな北千住

 3月4日 【藤や】 @北千住 赤門寺前

そもそも千代田線北千住駅1番出口を出た瞬間のディープな光景に皆圧倒。母親の実家が細々と自転車屋をやっていた北千住ってすごいんですよ。 (ちなみに父親の実家は深川で寄席をやっとりました。) 狭くて小さいけれどのんべぇの五感をくすぐるような店が軒先5尺の通りの両側にひしめき合っています。 気に入った店だけ選んで1日1軒ずつまわって全部まわるのに何年かかるのでしょうか。

そんな北千住の中じゃ今日目指すこのお店は山の手っていえそうな佇まい。
飾り職人だった伯父の趣味が高じてお店を開き、今は従兄が奥さんと二人で細々営んでます。
P1080939.jpg 

…のはずだったんですが、今や全国区。大阪や名古屋からもお客が押し寄せてくる、その道の人たちには知れた有名店です。一時は宇都宮の同僚A君もわざわざ東武線に乗って通い詰めたとか。

今日は上司・同僚と4人で行ってきました。
ウリはこの道40年の味、串に刺して煮込んだ牛モツです。 八丁味噌仕立てなんですが、言われなければそうとは気が付かないくらい味噌っぽくありません。
P1080944.jpg 

カウンター数席と6人分の小上がりだけの小さなお店。
これはその小上がり限定の鍋。カウンターでは狭いので出できません。 モツはもちろんネギも卵も美味い美味い、おかげで食にうるさくていつも叱られている上司からも大好評。
P1080943.jpg 

お酒はキンミヤのほうじ茶割り。これがまたよく合うんだなぁ。
P1080941.jpg 

テーブルには一味と七味が置いてありますが、他のお客さんに内緒で自宅用の薬研掘りを出してくれました。口が同じ私の母親も薬研掘りしかだめなので、私は今でもしばしば池袋のデパートまで買い出しに行かされてます。
P1080948.jpg 

親戚なのでサービスしてもらった鯵の薄酢造り。酢でほんのり締まった身に山葵だけ付けて、お醤油要らず。〆鯖と並んでおかみさん自慢の料理です。
P1080945.jpg 

〆はきし麺ですが、麺が黄金色に変わっておかみさんから合図があるまでは食べてはいけません。
P1080946.jpg 

4人で生ビール、キンミヤボトル2本、鍋13人前、根ミツバのおひたし2皿を頼んで一人4000円也。味もお値段も皆さん感激してくれました。

盛り上がっている最中に家内からあたしも行きたかったメール。今後の言いだし辛いスキー計画もあるし、お土産に串50本買って帰ってきました。

ネットで検索すれば沢山出てきますので皆さん話のタネに一度はどうぞ。

受験生騒動

不憫…


食い倒れ

2月28日 【花梨(Karin)→べんけい】@大阪 

キラキラです。
 P1080932.jpg 

天然記念物はカブトガニ。これはウチワエビ。
P1080931.jpg 

フカヒレとかアワビとか普段口に入らない美味しい物が次々でしたが、膝が崩れないので2軒目。
P1080933.jpg 

P1080934.jpg 

大阪名物の土手焼きやらとん平焼きやらなんやら2次会とは思えぬ食べっぷり、飲みっぷり。湯通ししたての暖たっか白子も美味しくて、赤霧島ガンガンで1時まで大盛り上がり。

秘密の組み合わせ。皆さんの笑顔を見せられないのが残念です。
P1080935.jpg 

翌日はたまたまこれに乗る機会がありました。市内のTAXI用途ならばアリですね。
P1080938.jpg 


極楽温泉スキー2

2月26,27日【妙高前山・黒姫山】
今季滑走28,29日目(Sugar Daddy, ONYX, TLT5)

27日 黒姫山北東尾根  快晴

今日は2チームに分けて別行動。何故かタフチームの方に入れてもらって黒姫山に行きました。
11Myoko0035.jpg 

先行者を見るとどうしても追い越したくなる面々。ゲレンデトップから旧ゲレンデトップ(1530付近)までの標高差約360mを25分。出発時点で既に斜面の中ほどに達していた先行者を全て追い抜いてしまいました。私もハァハァ言いながらもがんばって5分遅れ、上々でしょう。
DSC00182_O.jpg 

まだ厳冬期…。
P2270607_M.jpg 

1559ケルンから先は雰囲気良し。帰りはこの写真に写っていないクライマーズライトの尾根や沢を滑りましたが、いろいろなルートが楽しめそうです。
11Myoko0041.jpg

1980付近で北尾根稜線に合流。歩き始めたゲレンデトップからここまで休憩込みで1時間半弱。 この人達に5,6分遅れで付いて来られたことに大満足でした。11Myoko0044.jpg 

山頂はすぐそこですが、滑りにはつまらなそうなのでパス。国道から見えていたオープンバーンを探して時々スキーヤーズレフトへのトラバースを交えながら滑ります。
11Myoko0046.jpg 

さすが山屋軍団。目指す沢の源頭をドンピシャゲット!でもちょっとカリカリ。
DSC00189_O.jpg  

Skier:xx101
11Myoko0062_2.jpg

Skier:パティシエ
11Myoko0066_1.jpg

Skier:ハッチン
DSC00192_O.jpg

真性後傾常吉…
DSC00195_0.jpg 

下部は重~い湿雪。帰宅後すぐに雪虎をポチっとしました。
11Myoko0071.jpg 

雪の良い時ならばどこも楽しそうな斜面が続きます。
DSC00200_O.jpg

上手いこと崖マークを外して出た林道のかったるい滑りが終わってゲレンデ下部に合流。
DSC00204_O.jpg  

雪が悪かったので滑りはイマイチでしたが、ハイクアップや読図が楽しめた1日でした。