FC2ブログ

乗鞍ウハウハ

12月29,30日 【乗鞍高原】今季滑走10,11日目
(ARMADA JJ, Onyx, TLT5)

杉さんとYUKAさんのスキーツアーにお邪魔虫。
10DecNorikura0003.jpg 

高価な鶏ガラウェアが似合うYUKAさんはバイク5台に車はBeatというアクティブ派。今季山ボードと山スキー一式を両方一挙に揃えるという暴挙に出たそうです。

それも嬉しいじゃありませんか、私のブログを参考にして決めたというSeven Summits Super Lite+TLT Vertical ST+TLT4 EVO。杉さんも北海道用にGarmontのテレブーツを新調してきました。
10DecNorikura0002.jpg

乗鞍高原スキー場って一部のエリアを除いて圧雪しないんですね。昨晩から北海道に負けない羽パウが40cmも積り、完全ノートラックとまではいきませんでしたが、パフパフ雪のフェイスショット。こんなシチュエーションですからJJがその真価を発揮しました。深雪の中回りはもちろん、ショートターンで柔らか目のコブまでガンガン攻められます。もちろん、ヘボの私が言う「ガンガン」レベルなのですが。


[広告 ] VPS


もう1本、もう1本と夕方まで滑りまくって堪能しました。
23266228_925175138_221.jpg 
夜はもちろんワイン、ビール、日本酒、温泉、…。

30日
今日はYUKAさんの山スキーデビューです。 ゲレンデTOPで私が初めて使うCT40のカムロックの調整に手間取っていたら「乗鞍大雪渓WEB SITE」の管理人さんがやって来て写真を撮ってくれました。12月30日の速報に3人が載っています。

しんしんと雪の降る静かな森を歩く。ここ何年かこういうシチュエーションがなかったので非常に気分が良かった。
10DecNorikura0007.jpg 

位ケ原直下の急斜面で私のCT40が剥がれて雪まみれになってしまい、ここでハイクアップ断念。貼る時にストックでさっとしごいたのですが、甘かったようです。カムロックもうまく効かせられないし、事前練習不足でした。 杉さん、YUKAさん、ゴメンなさい。
10DecNorikura0008.jpg 

腰パウ! さすが、名手杉さん。深雪をテレマークでガンガン攻めます。10DecNorikura0013.jpg 

10DecNorikura0014.jpg 

こちらYUKAさん、こちらもさすが!!
10DecNorikura0016.jpg 

あれ?居なくなっちゃった。頭まで埋もれて窒息していたそうです。
10DecNorikura0017.jpg 

短いけれどパフパフ満喫。緩斜面中心のツアーコースですが、JJのお陰でスピードが出る私は今日もフェイスショットが楽しめました。
10DecNorikura0021.jpg 

1200円もする親分バーガーにご満悦だったYUKA親分。大きさが分かり辛いですが顔よりデカイです。オジサン二人はもちろん子分バーガー。
23266228_925175088_200large.jpg 

パウダー三昧、温泉三昧、お酒三昧、イヤイヤ楽しい2日間でした。
10DecNorikura0025.jpg 

それにしてもARMADA JJ、最高! 買ったはいいものの乗りこなせなくて来季は青森スキー製作所のNEW NORMALに手を出すことになるんじゃなかろうかと内心不安だったのですが、杞憂どころかどうしてもっと早くから手を出さなかったのかと思ったくらい。

これから山スキーがますます楽しくなりそうです。

乗鞍パウパウ

12月29,30日 乗鞍スキー W/杉さん、あんみつさん

今日はゲレンデ激パウ満喫でした。このコンディションだとJJ最高ですねぇ!
買って良かった~。

moblog_f729f9a1_1.jpg

オーシャンビュー

12月26,27日 【ゆく年くる年】 @観音崎京急ホテル

いまだ日の出は見えず。
moblog_15fa30c01.jpg 



↑ 北関東方面の身内からのウケを狙った冗談ですからね。

日の出の気配が感じられたアウトプットも、暗躍を汲んで頂けた事も、プライベートも、まぁまぁ上出来と言っていい1年でした。あとは長引いている腱鞘炎だけかな。
KQ_Hotel0014.jpg 

KQ_Hotel0017.jpg

ソムリエ高橋節健在。 これが楽しみで早3年目。
KQ_Hotel0022_1.jpg  KQ_Hotel0021.jpg 

来年が山。最後のひと華、何とか。

マジ練

12月25日 【レッスン】 @軽井沢プリンスホテルスキー場 今季滑走9日目
(Sugar Daddy, Onyx, TLT5)

4月の立山で極悪モナカにやられて一念発起。今季はマジレッスンを何回か受けるつもりです。

今朝はかぐらのスキースクールに入るつもりで家を出たのですが、吹雪の中のレッスンは気が重いし、雪道の運転も鬱陶しいし。前橋IC直前でフト思いついて軽井沢へ方向転換。時折日も差す穏やかなコンディション、その上昨日までは滑れなかったゲレンデがほとんどオープンしたためにリフトも斜面も空いていて正解でした。 やはり常吉のいく所、悪天も寡雪もなし!
P1080387.jpg 

小学生1人、中学生2人と同級生になって午前と午後の計4時間。現在OMNNYが使えないので不本意ながらSugar Daddyでの受講でしたが、先生はそれでいいと仰ってました。還暦に向けて秘めた望みがないこともないんですが…。

で、自分では真正後傾かと思っていたんですが実は仮性後傾だったようです。午前中2時間みっちりやってもらったポジション矯正のお陰でターンがずいぶん楽になりました。レッスン4時間、昼休み1時間半、前後1時間ずつの計7時間半、トイレ以外は板を外すことなく今日も満足のMPP。

来月再来月は特訓系講習会に参加予定。ついでにお米・お魚系スキークラブの基礎スキー講習会も考え中。

ところで、たまには優雅にと思ってレッスン前に食べた朝食ブッフェはさすがプリンスホテル。値段を告げられてびっくりしましたが、見栄が邪魔して今更止めますとも言えず、元をとるために朝からステーキやら大盛りカレーライスまで食べて、大人げない2食分。その分昼飯もビールも抜いて滑りまくってきましたよ。
P1080385.jpg 

クリスマスイブなんだけどねぇ

12月24日 【あっしー君】 台湾小調@池袋

コンサートが終わった頃に迎えに来いって…
P1080380.jpg 

イブだってぇのに、誰もいないジムでエアロバイク漕いで時間潰してましたよ。 
P1080382_1.jpg  

明日は独りでスキースクール。

富山 冬の味

 12月20日 【銀鱗】@富山

美味しい物を食べに富山に行ってきました。

左半分が氷見鰤、右半分が氷見鮪。まぁ、美味しかった事。どちらも絶品。近海マグロのくせに少し脂が乗り始めています。この後イカを追いながら北上して戸井のマグロになるんでしょうね。(豆知識:対岸の大間のマグロはサンマを追って太平洋側を北上してくるそうですよ。)
P1080359.jpg

続いて黒ソイ。初めて見る大物でしたが意外に淡泊。刺身は食感が今いち好みではありませんでしたが、最後にアラ汁にしてもらって大満足。
P1080360.jpg 

へっへっへ… 。カニは殻剥くのが面倒なんであまり食べないんだけど、これならね。
P1080370.jpg 

他に絶品鰤鎌とか、ゲンゲとか、とか、とか。

満寿泉2本、立山1本が空いてろれつが怪しくなりかけた頃、女将が1本持って参戦してきました。
P1080367.jpg 

酔う前 ↓                  酒豪の楽しい女将でした。       
P1080361.jpgP1080371.jpg 

いやぁ、飲んだなぁ。 最後はこれで富山のお米の熱々ご飯を頂いたらしいのですが、もったいない事に記憶がございません。
P1080366.jpg 

これにて今年の地方巡業はすべて終了。

今年は種蒔きのつもりでしたが、早くも田圃に移せそうなものもあり、悪くはない1年だったような気がしています。

同じ事してても変わらない。
カニの殻は剥かなくても、自分の殻は破らなきゃね。

筆おろし

12月19日 【アバランチトレーニング】かぐらスキー場  今季滑走8日目

常吉の行く所、荒天も寡雪もなし! このところの雪で全面オープンし、鬱陶しいシャトルバス移動も解消しました。
P1080330.jpg 

P1080331.jpg 

今日は群馬オフピステコミュ@Mixiの知り合いを中心にビーコンサーチトレーニングです。万が一の場合は絶対助けてもらえるというお互いの信頼関係がないとこの遊びはね…。

ヂュン君のちゃんとした記録はこちら  (講習内容や感想があって参考になります。)
P1080333.jpg

↓ 全員でプロービングしてないで二人はショベルの準備を始めなさい。 とか、レスキューシミュレーションをしてみるといろいろな事が洗い出されます。
P1080334.jpg 

見えているビーコンを使って各自のビーコンの探索距離を認識したり、埋没側ビーコンの向きによる電波の放射特性の変化やそれによるフォルスマキシマム(偽の信号最大位置)の出現を確認したり。これを知っておくとピンポイントサーチに役立ちます。 Photo ヂュン君
b0192797_21144919.jpg

埋没体験。アバラング、買おうかなぁ。
P1080342.jpg 

P1080348.jpg 

こうやって埋めた上からプロービングをして人間の体を突いた時の感触を覚えます。 これも非常に大事。 写真左の赤いプローブは埋没体験者が万が一の場合の合図を送るためのものです。
P1080339.jpg 

ザックのショルダーベルトを使った被災者の移動。ちょっとした移動ならなんとか。 ザックが抵抗になるので腹這いがいいかもしれません。
P1080352.jpg 

そうこうしていたら、この人たちが現れました。岩魚釣りでしょうか。 ゲレンデ滑ってもしょうがないからもう帰るそうです。
P1080336.jpg

そして訓練終了後はお楽しみ。 全員センター110mm超えのパウダー板でコブの練習をして夕方にはMPP. (「腿パンパン」だそうです。)
P1080355.jpg 

ボーダー二人が写っていませんが、全7名のにぎやかで楽しいながらも有意義な1日でした。
P1080356.jpg 

ところでJJ、太いのにゲレンデでも十分OK。
最初にカリカリに飛び込んだ時はさすがに流れましたが、慣れればなんとか。コブでは何故かOMNNYよりも安定するのでジャイアントの荒れた斜面でも十分楽しめました。

ロッカー構造のお陰かな。スキー第3革命との声も頷けます。
これで普通の太さだったら如何にと思うと、早晩ゲレンデロッカー時代到来の予感。

Failure

12月15日 【椿山荘】

Photo:K.F.
P1080154.jpg  

夜だけ上手くいってもなぁ…。
反省。

山スキー安全講習

12月11、12日【五竜地蔵の頭付近、八方尾根】 10/11シーズン6,7日目

今シーズンの安全な山スキーのためのトレーニング山行。DYAFIT ATHLETESの一人で今季のカタログでも紹介されているOMさんと、JANの雪崩講習会(セーフティキャンプ)で講師を務めているUさんのお二人の主催で生徒三人というという豪華な訓練でした。

初日は徹底的にビーコンサーチ訓練。

例えばハイクアップ中の雪崩で捜索者よりも下方に流された遭難者の捜索。
ヒールフリー&シールなので焦れば焦るほど…
P1080098.jpg 

ほら、こっちでも。 
P1080102.jpg 
OMさんやUさんのような滑走技術がない我々はとにかく転倒しないように落ち着いてサーチするか、サーチは任せてプローブ・ショベル隊に徹するか。

ピンポイントの絞り込みは3本アンテナの独壇場。 ツアー出発前に機種を確認し合って大まかな役割分担をしておくといいかもしれません。もちろん電源offの仕方の確認も重要。
P1080105.jpg 
2個のビーコン探索に初めのうちは7分ほどかかっていましたが、夕方には5分以下で見つけ出せるように勘が戻ってきました。

夜は白馬の「きっちょんちょん」に繰り出して大盛り上がり。私は覚えていませんが、忘れて下さい!

日曜日は3人で八方尾根のツアーに出てタスクの確認。
寡雪でまだスキー場の営業が始まっていないのでゴンドラから上は歩きでしたが、二日酔いがひどくて辛くて辛くて。
P1080107.jpg

雲のベールがどんどん下がり、その上無風。この景色で二日酔いがすっ飛びました。
P1080114.jpg 

今日の八方のBCスキーヤーは我々の他にはたったの3名。Photo ダイスケ君
IMGP0365.jpg 

ピットチェック。 
P1080120.jpg

積雪は1.5m以上。60cmの新雪の下に固い5cmの氷板。やばいかな…P1080122.jpg 

ハンドテスト。
P1080125.jpg  

コンプレッションテスト。氷板の上下は結合がとてもしっかりしていて弱層にはなっていませんでした。幾ら叩いても反応なし。単にCTEだのCTHだのだけではなく、雪を実際に手にとって観察する事の重要性を教わりました。
P1080129.jpg 

最後はM式つぼ足ルチブロックテスト。(テスター:ダイスケ君)
P1080140.jpg 

滑走では雪崩た時に逃げる方向の意識付け、相互監視、リグルーピングポイントの取り方など。今日は 滑走は二の次なんですが、素晴らしいパウダーにOMさんが歓声を上げてすっ飛んで行きました。
P1080145.jpg

なるほどすっげぇ、パウパウ、腰パウ! みんな歓声と笑いが止まりません。
P1080147.jpg 

かなり長い距離を滑れたので私はもうヘロヘロ。最後のゲレンデでは抑えが利かずに難儀しました。
P1080149.jpg 

参加者5名中4名がTech Binding。
OMさんの伝説の一言「バロンなんか捨てちまえ!」を知ってか知らずか、バロンからTLT Vertical FTに換えてきたダイスケ君の最初の1歩の歓声が全てを語っていました。 もう戻れません。
P1080106.jpg 

 

曇らないゴーグル

 12月10日【ファン付きゴーグル】 DREAD-PTDR    SWANS(山本光学)

ザックの上から踏みつけてしまったのでしょうか…
766TB.jpg 

吹雪に巻かれて地形が見えない時にゴーグルが曇ったり凍ったりしたら…。そんな時に威力を発揮するお守り用のサブゴーグルでした。

レンズを買い換えなきゃだったんですが、52%OFFの出物を発見。
DREAD.jpg 

今度のは偏光、明るいレンズ、ファン誤作動防止機構と766-TBの不満部分が全部解消。このレンズならメインゴーグルにしてもいいかも。週末試用予定です。

あの頃と、これからと

12月7日 【ランチョン】 神田神保町

うぶで純なハイカーだった私を人跡稀な藪山彷徨と読図の世界に引きずり込んだ張本人二人です。この数年間、子育てや会社経営という人生の大きな山場の為に自分の時間もままならなかった大御所二人が久々に揃い踏み。
20101207223142.jpg 

細板革靴派テレマーカーのナスノガルーダさんが山板に宗旨替えしてもいいというので、その気が変わらないうちにと神田周辺の山板屋さん巡りのお手伝いをしてきました。師のスキースタイルは熟知しているので前以って狙いの板を絞っていったのですが、とりあえず気に入って頂けたようです。

中々自分の時間が取れないお二人を見て、深夜12時をまわる前に会社を出る事が文字通り夢だった頃の自分を思い出しました。土日もないような状態が何年か続いて肉体的にも精神的にも大変だった中でひょんなことから出会った山の世界…。

そろそろまた遊びに出ましょうね!

G3 ONYX Impression

12月6日 【使い勝手と性能と】 @立山5日間

ONYXを実際に立山で使ったImpression です。(写真ではArmada JJに搭載していますが立山ではSugar Daddyで使用しました。)
JJ0013.jpg

ONYXに限らずTech Binding で最も気になる点はブーツとピンの結合が簡単にできるのかということ。やはりDiamirのようなわけにはいきませんでした。ピンとブーツのホールの位置が1発では合わず、安定した平地でさえ数回のやり直しが必要だったこともしばしば。

しかしこれは無知だっただけ。ONYXにはBOOT STOPPERという部品が付いていて、それに沿ってブーツの先端をフロントピースに押し付けるだけでピンとブーツのTLTホールの位置が一致するような機構になっていました。もちろんアライメントが合っていなければ入りませんが、踵を少し上げればアライメントが勝手に合うのかパカっと入ります。チャンチャン。

ただし、ピンが入るまでの間はフロントレバーをストックで押していなければならないので、アイスバーンの斜面では板が逃げて大変そうです。 またブーツの底やビンディングに雪が付いていればピンとホールの位置は勝手には合わないでしょう。パウダーの場合、しっかり踏みつけた足場を作っておいた方が良さそうです。

そしてピンが入った状態がこれ。
フロントのピンを支点にしてヒールフリーになります。Diamirのようにブーツと一緒に持ち上がるセンターバーが無いのがこれらTech Bindingの大きなメリットと言われていますが、確かに軽快でした。
P1080049.jpg

リターンスプリングがない事が気になっていましたが、何故かリターンスプリング付きのDiamirよりキックターンがやりやすいような気がしました。これについてはもう何回か厳しい斜面で使えばはっきりするでしょう。

ヒールリフター。 1段目
P1080055.jpg 
 
2段目
P1080056.jpg 

ヒールリフトはノーマルモードを入れて3段階ですが、十分な角度を確保しており全く問題ありません。またリフターのセットはストックでチョンと叩くだけなので思いの位置を通り越す事があるDiamirより簡単です。

ウォークモードからスキーモードに変更するにはツアーロックを戻し、リアレバーを起こして踵を踏み込むだけ。Diamirより一手間余計だけれど一瞬なので気になるほどの事ではありませんでした。 DynafitのTLTシリーズと違って切り替え時にブーツを外す必要はありませんが、この5日間モード変更は全てシール着脱の時だったのでそのメリットを感じることはありませんでした。春のロングツアーなどでは便利だと思います。

また、ウォークモードで板からブーツを外した状態ではストッパーが作動しない構造なので、うっかり板を流さないように注意が必要です。私はリアレバーを起こして(=ストッパーが作動するようにして)から板を外すよう心がけています。

スキー板のデッキ面からブーツの底までの高さは約25mm。ベースプレートがある分TLTよりは高いかもしれません。
P1080051.jpg 

Diamir FR+(約40mm)との差は15mm。たった15mmですが履いた時の印象はかなり違います。 この低さと板のフレックスを阻害するセンターバーがない事から滑走性はDiamirより良く、ゲレンデ用ビンディングと変わらないと言われています。実際Diamirを付けていた時よりずっと滑りやすくなったのですが、今回はブーツも同時に換えているのでどっちのお陰か良く分かりません。
P1080052.jpg 

意外な欠点はスキーを重ね合わせて運ぶ際に左右のスキーストッパーが噛み合わないこと。2枚の板がバラけるのでちょっとした移動でも結構不便。 それ以外は今のところ満足です。

絶品からすみ

12月5日 【博多土産】

母親用。
karasumi.jpg 

松庫(まつくら)のからすみ
稚加栄のめんたい切子
同じ売り場のシャケはらす

松庫のからすみ、それはもう絶品以外の何物でもなし。
普通のカラスミのようにしょっぱくなくて、あっさりしているのに深い味。
これとお酒を交互に口に含むと思わず溜息が出てしまいます。これマジ。

年老いた母親がもう思い残すことはないと申しております。
そんな事言ってませんが、本当にそれくらい。
(煙草1カートンに満たないお金でこんなに幸せな気分になれるんだから、禁煙しなさい! )

稚加栄のめんたいは行く前からのご指名。安い切子を買ってきたら、家内にケチだって言われた。 味は一緒なのにね。生っぽくてジューシー、とっても美味い!

自分用に買ってきた6切れ450円のシャケはらすも、とってもうめぇ~~~!
毎晩お酒が進んで仕方ありません。

仙元山TT、先週より15秒短縮の7分56秒。自己タイまであと25秒。

博多の夜・三晩目

12月2日 【わざわざ】

この日は会員パーティーに出てちょっとした情報収集をするつもりだったんですが、もう用が済んだのでヤメ。懇意にさせていただいている先生や同僚たちを誘って繰り出す事にしました。

しかし店の下調べをしていない上に強い雨で街をうろつくこともできず、ガイドブックに出ていた接待にも使えるような立派なお店に入ってしまいました。今回のコンセプトからはどんどん離れてしまいます。
P1080078.jpg 

「特大大大烏賊」と書いてありました。もちろんマッコウクジラと争った傷はありません。ほんのり甘くてあっというまに無くなりました。
P1080072.jpg 

飲んで、食って、立派に論文発表を終えたM2 学生クンの分も持って一人7000円!  安いなぁ。  

出世したら佐世保でご馳走してね。
P1080076.jpg 

暴挙。
P1080079.jpg 

博多は美味しくて安くて、人がとても親切。街ゆく女性もきれいな方が多いし、良かったなぁ。

定年退職したら白馬か水上かと思っていたのですが、食や人情を考えると博多や仙台が外せませんね。まぁ現実には無理だろうけど。

博多の夜・二晩目

 12月1日 【もつ幸】 All Photo: Y.U.

ここも地元の人のご愛用。結局コンセプトから外れて大勢で。
dscn8081.jpg 

モツ鍋ってこんなに美味かったのかぁ。サイボクのモツよりも上。
多分冷凍していない今日解体したものなんでしょうね。
dscn8114.jpg 

たっぷりのキャベツとニラと餃子の皮。
dscn8101.jpg 

こういうのは頼まずに、ひたすらモツ鍋だけでいいです。
dscn8094.jpg dscn8097.jpg

あっ、これらは別。
dscn8118.jpg dscn8134.jpg

最後は摺り胡麻をたっぷりかけたそばで〆て大満足。
dscn8141.jpg


帰り道が分からないって言ったら店員さんがバス停まで送ってくれました。
その後は記憶皆無…。帰巣本能ってすごいです。
dscn8153.jpg 

ちなみに昼間はここへ行ってみましたが、全然感激なし。
小倉で食べたラーメンの方がずっと好き。
dscn8032.jpg 

博多の夜・一晩目

11月30日~12月3日 【某学会】@博多

11月30日
今回の出張のコンセプトは、地元の方が通う店で独りチビチビと。

初日は五島列島の魚直送の馳走やまとや。地元の方の間では有名店です。
P1080060.jpg 

P1080061.jpg 

尾長メジナの刺身 690円 脂が乗った絶品!
暑い暑いと言っていても、もう冬なんですねぇ。
P1080059.jpg 

魚のモツ焼き 650円 ヒラマサのモツだそうです。
岡山で食べた魚のモツ煮が忘れられないんですが、これはコリコリの食感だけでちょっとがっかり。
P1080064.jpg 

「小さいおじさんの唐揚げ」 750円 すっごく美味しい…
でもこれで「小さい」って…。 
形容詞の付かないただの「おじさん」は40センチ・1キロ以上あるそうですが、お値段もそれなりに 。
P1080065.jpg

焼き茶漬け 650円 と手造りの酒盗。 焼き魚の香りが香ばしいお茶漬けは逸品は大げさとしても、とても美味しいお勧めの味。酒盗はかなりワイルド、でもこれが本物なのかな?
P1080068.jpg 

早い時間帯は地元の人で賑わっていたのですが、8時半を過ぎたらこの通り。 みなさん中洲へ繰り出しちゃったのかな?
P1080069.jpg 

安い、美味い、そしてきれいで感じのいい女の子がイキイキと働いていました。 まずは大当りの一軒目。