FC2ブログ

甲府幕岩

 10月31日 【秋を満喫】

写真が下手なので伝わりませんが、秋の雰囲気とお日様でいっぱいの甲府幕岩で穏やかな1日を過ごしてきました。
Makuiwa2009_1031AAs.jpg 

「動物がいっぱい」(10b)でアップ。
易しそうに見えたのですが、2便出しても敗退。ムーブは判ったような気がするので次回の宿題。
関西系お笑い芸人さんはもちろん軽々OS。
Makuiwa2009_1031ABs.jpg

心を入れ替えて、「なべやん」(5.7)でアップ。 左のカンテを行けばガバガバで爽快だったそうですが、そこはルーファンセンスの悪さ。右のクラックを登りました。
まぁ、いくらなんでもOS。

続いて「イエローマウンテン」(5.9)。ムーブ自体は5.7程度でしょうか。長いので5.9が付いているようです。 もちろんOS。

次は… 名は体を表す「ペンタゴン」(5.9、直上すると10aらしい)
Makuiwa2009_1031AHs.jpg 

前の人が最後の1手を左から這い上がったのでそれに習ったのですが、それじゃ10aはならないようです。  なので5.9( FL)ということで。
こんなルートです。
Makuiwa2009_1031AJs.jpg 

Makuiwa2009_1031ANs.jpg 

その頃、「スパイラルリーフ」(11b)を登る人。
Makuiwa2009_1031AFs.jpg 

そして私は、「わささび」(10b)
終了点一歩前で2回落ちて敗退。身だけでなくて心も落ち込みました。
Makuiwa2009_1031APs.jpg 

先生お二人は先週の「エロオヤジ~」から「お父様~175」に格上げされてました。
Makuiwa2009_1031AXs.jpg 

今日も収穫どころか10bすら登れず落ち込んでの帰宅になりましたが、こんな秋の穏やかな一日を岩場で過ごせてとても満足でした。
Makuiwa2009_1031AZs.jpg 

初めての甲府幕岩、ロケーションだけでなく、落ちても怪我をしそうにないルートが多いのもいいですね。

09/10ウェア

10月29日 【散財】

昨日今日はお台場のトレンディホテルでお泊り宴会 会議
終わったとたんに10年後のやっかいなエネルギー事情なんて頭からすっ飛んで、能天気に原宿でショッピング。

明治通りを渋谷から原宿+αまで1kmかそこら歩く間に、8軒の海外アウトドアブランド直営店を見て廻れます。

またもや「お客様、よくお似合いですよ。」
で、今季はPro Shellに昇格。
ProShell    

最近白馬辺りじゃ使えるらしい… 
REFLECTOR 

赤いOspreyは今までのウェアでも合わなかったんですが、今度の色じゃお話しにもならないのでザックも更新。
Peuterey 
 

また通勤服が買えなくなりました。

チームジャージ【夢】

10月27日 【でもボツ】

最近、Road Bike レース用にオリジナルチームジャージを作ろうよってことになって課の若い人達と盛り上がっています。もともとお揃いなんぞという趣味はないのですが、オーダーのための員数合わせもあるし、あと数年で去ることになるこの会社の思い出の一つとして持っていてもいいかなと。

デザインコンセプトはレースで目立つこととEcoの2点ですぐに一致したのですが、各論になると喧喧諤諤。

人生においても仕事においても目標となる夢に向かって頑張ってきたつもりの私の提案はこれ。 (そういえば最近は夢と言えるような夢がないのですが…)
The Power of Dreams 
創業者の直筆です。
この下に我々のアイデンティティとして燃焼の素反応式をデフォルメした小さなロゴを入れます。

10,000人に一人かもしれないけれど見る人が見れば我々の夢が読み取れ、ついでにチームの母体も想像できるデザイン。
これを全面プリントしたら目立つぜぇと力説したのですが、残念ながらボツになってしまいました。

いいと思ったんですけどねぇ。もったいないので、今年は創作意欲喪失で作ることがなかった常吉オリジナルクライミングTeeに来季採用しようかなぁ。

氷川屏風岩

10月24日 【大宴会キャンプと岩トレ少々】

今日はここで総勢60人の大宴会キャンプ。
Hikawa2009_1024AYs.jpg 

2時過ぎから準備を始めればいいので、その前に岩登りの初心者講習会を有志が開催してくれました。生徒は私を含めて三人、なのに先生が二人も付く豪華講習会。

まずは5.7のルートを生徒が登ります。TRを張りに登った私はルートをミスって大ランアウト。落ちたら大変、簡単とは言え本人だけでなく周りも緊張したようです。 写真は場面が違うのですがこのルート。
Hikawa2009_1024AVs.jpg 

最初の数手がちょっと難しかったようで、苦戦中。 
Hikawa2009_1024AAs.jpg 
 
Hikawa2009_1024ABs.jpg 

ニュウモラップ試着。軽くてしなやかで着ていないようでした。 詳細は別途。
Hikawa2009_1024AMs.jpg 

来年はきっと「な~んだぁ」って思うと思うよ。
Hikawa2009_1024ANs.jpg

その後は彼女たちにはビレーの練習をしてもらいました。
Hikawa2009_1024AJs.jpg  

Hikawa2009_1024ALs.jpg 

前触れなしの墜落!
この高さからの墜落はグランドフォールの可能性があるので墜落役の先生は相当怖いはずです。 
Hikawa2009_1024AKs.jpg

そんなこんな、真剣ながらも和やかな雰囲気の講習が終了してからキャンプ場に移動して宴会の準備に合流。 講師のお二人、ありがとうございました。

【キャンプ編】
餃子班は3種類計150個を皮から作ることがミッションでした。
Hikawa2009_1024BDs.jpg 

焼きそば屋さんも応援に来てくれました。 私はこういう風に丸く延ばせません。Hikawa2009_1024BFs.jpg 

そもそも料理なんぞ生まれてこの方2回目くらいだったような?  
Photo 焼きそば屋さん
Hikawa2009_1024BJs.jpg

ビールはふんだんにあるので、作っている内にもういい気分
Hikawa2009_1024BHs.jpg  

最後は強力粉が足りなくなったのでチョークで誤魔化しました。
Hikawa2009_1024BOs.jpg

他にモツ煮班、芋煮班、焼きそば班、サンマ班、etc、etc。
どれもこれも50人分位作ります。

そして始まった大宴会。
計画中の山スキーに若い人をリクルートしたのはもちろんですが、酔った勢いで某冒険スキーヤーにずうずうしくも「私をスキーに連れてって」とか頼んだような気がしないでもありません。あー、恥ずかしい。
Hikawa2009_1024BTs.jpg 

その後の記憶のないままに迎えた翌朝は無念の雨。楽しみにしていた越沢バットレスクライミング班とハイキング班はもちろん中止ですが、薮山ルーファン班は出かけたようです。

【買い物編】
その後都内のインドアに転進した方が多かったのですが、軟弱な私は入間のアウトレットでグッズ漁り。Colombia傘下の某ブランドのアウターを着ていたのですが、その店員さんから「実際に着ている人は初めて見ました。」と声を掛けられビックリ…。

現地で待ち合わせて一緒に買い物をしていた長女に「お父さん、変なの着てるんだね。」と可笑しがられて満足満足。

Garmin GPS 格安ゲット

10月22日 もっとラッキー!

Garmin eTrex Legend(日本版)
定価 54,600円(本体)+19,800円(Topo-10mCD版)=10,000円(購入価格)!
もっとラッキー!! 

あれば安心とは思いつつも、これまで地形図とコンパスだけで事足りていたので財布の紐を緩める気にならなかったこの道具。
しかし何度も通った山でホワイトアウトに巻き込まれた地元スキーパーティーの悲惨な遭難事故を知って以来買わなきゃ買わなきゃと思っていました。

そしてもう1ヶ月に迫ったシーズンインを前にして飛び込んできたのが「先着1名様、10,000円!」というお知らせ。渡りに船で申し込んだところ、なんと運良く1番をゲットしちゃったのでありました。

最新式の高感度GPSエンジンではありませんが、95%精度3m未満のWAAS対応ですので地形的に衛星を捕捉しやすい山スキー用途としては十分でしょう。 電子コンパスも付いていませんが、基本的には使わない非常用ですので割切れます。

それより、なんてったって、なんてたって86%オフ! なんてツイているんでしょう。
価値あるお買い物ができました。


ところでGPSと言えば気になるのがこの話。
まぁ、大国だから何とかしてくれるとは思うのですが…

大変!
出典 Asahi.com 2009年8月24日15時6分

モニター当選

 10月21日 【ラッキー その1】

私がその製品の機能に絶大な信頼を置くfinetrack社の新製品、ニュウモラップ のモニターにめでたく当選。
GORE WIND STOPPER素材の超薄手・超軽量(198g)のミドルレイヤーです。
ラッキー!! 

「いかに自分がモニターに適しているか」ということが問われる自己PR書類による選考があったのですが、そこはさすがにプレゼン命の口先エンジニア。
と自分では思っているのですが、もしかしたらお情けの縁故採用だったかも??

この商品が出る以前は同じようなコンセプトのHaglofs ZEPHYR JACKET かOZ PULLOVERあたりを欲しいと思っていましたが、この手のウェアにそれだけのお金をかけるのが厳しかっただけにうれしい新発売・当選でした。

ニュウモラップシリーズにはニュウモラップジャケット、同フーディー(フード付き)、同EXジャケット(厚手)の3つの展開があるのですが、私にはBCスキー、登山、MTBに使ってレポートを作成しなさいというMission Possibleと共に、それらに最も適したニュウモラップジャケット(¥22,050)が送られてきました。
(ちなみに12名の当選者の内の一人は現場監督さん。厳しい冬山をやる彼にはEXジャケットが届いたそうです。)

これから私のモニタリングレポートがFinetrack社のHPに何回かは掲載されることになると思います。あわせてこのブログでも感想を書いていこうと思いますので、この製品が気になる方はぜひご覧ください。

ところで、明日は「もっとラッキー」を掲載予定です。

小川山セレクション

10月17,18日(16日前泊) 【小川山マルチピッチ・カムトレーニング】

北アルプスの某ルートにアルパインクライミングに行く予定でしたが、天気が悪そうなことと実力オーバーとの声も上がったので小川山でカムトレーニングをすることになりました。

カムって言うのはこれ。 岩の隙間に噛ませて使うのでカムと呼びます。
CAM 
下手なセットでは外れて死んでしまうのでしっかり練習が必要です。

前夜某所で前泊宴会。翌朝別方面から来たリーダーと廻り目平キャンプ場で待ち合わせ、美しく色付いた小径を愛でながら小川山セレクションの取り付きへ。
Ogawa2009_1017AAs.jpg 

セレクション1ピッチ目は練習の為に一番右のクラックルートを選択しました。最初はリーダー達S&Sパーティーが登ります。
Ogawa2009_1017AEs.jpg 

リーダー以外の3人はクラック登攀なぞしたことがないので難しい!Ogawa2009_1017AHs.jpg

常&Nパーティーはリーダーがセットしたカムを残置してもらって登ったのですが、それでも私はA0連発の上に1フォール。セカンドだった相方はカムを回収しなければならないのでA0すらままならず、苦労したようです。

2ピッチ目はスラブ。5.8で難しくはないのですが支点間が遠く、10m近いランアウトが続きます。
Ogawa2009_1017AJs.jpg 

足が滑ったら20m転落…                  Photo リーダー
怖~い    

幸い私はセカンドだったので怖い思いをせずにすみました。
Ogawa2009_1017ALs.jpg  

バックアンドフットで登る簡単な内面登攀の3ピッチ目が終わると次は再びクラックからスタート。ここも先行したリーダーPにカムを残置してもらって登ります。私はセカンドでしたが、もーボロボロ。
Ogawa2009_1017APs.jpg 

記憶にないくらい簡単な5ピッチ目を私のリードで登ると2峰頂上。
Ogawa2009_1017ASs.jpg 

いやぁ、満足満足。雲が後光を作っています。
Ogawa2009_1017ATs.jpg 

リーダーのおかげでクラック、スラブ、内面登攀、とバラエティに富んだ好ルートを満喫できて大満足でした。しかし、クラック登攀なんとかしないとなぁ。

続いて3峰レモンルートに移動して1ピッチ目でカムトレーニング。40m位のピッチに残置支点は1箇所しかありません。右手のクラックにカムを噛ませながら登ります。私がセットしたカムはロープの動きを受けて簡単に外れそうな状態になっていたそうです。コツは理解しました。
Ogawa2009_1017AXs.jpg Ogawa2009_1017BBs.jpg

帰路、5.8のスラブ練習。これだけ支点があれば楽チンです。難なく全員OS。
Ogawa2009_1017BCs.jpg

リーダーは翌日のゴルフの為に帰ってしまったので、今夜も3人で宴会。4時半から飲み始めたのですが、昨夜の寝不足が祟った私は6時半にはもうダウンしてたとか。
Ogawa2009_1017BFs.jpg 

翌朝合流したイレブンクライマー。あちこちトップロープを張ってもらいました。
Ogawa2009_1018ANs.jpg

私はしばらく治まっていた坐骨神経痛が今朝また再発してモチベーションゼロ。前回OSしたアウトオブバランス(5.9)すら怖くてトップアウトすらできず。
陽が当たるようになって暖かくなってからトップロープでDOKUFU(11a)にチャレンジしましたが、2ピンのすぐ上の核心を越えることができませんでした。
Ogawa2009_1018AUs.jpg 

練習してないのにクラックの処理上手い!
 Ogawa2009_1018ASs.jpg

得意不得意があるようで。
Ogawa2009_1018BCs.jpg  
 
小川山、今季は終了です。また来年!
Ogawa2009_1018BEs.jpg  

来週はもう少し南で大宴会とクライミング少々。


はなたれ

 【初留取り(はなたれ)】

焼酎の蒸留の際にわずかに取れる初留成分。
「端垂れ」と書くのが一般的ですが、このメーカーでは「初留取り」と書いて「はなたれ」と読ませます。43度。口当たりはシュナップスとかグラッパを思い出してもらえれば当たらずとも遠からずでしょうか。
初留取れ

今週末の北の方でのアルパイン、現地の天気予報はまたもや悲観的。流れてしまったら小川山でマルチ・カムトレ合宿ですが、それすら流れたらこいつをチビチビやってウサ晴らし!

激走・大名栗林道

 10月12日 【林道40km踏破!】

10,11日でマッキー、スガーと3人で恋ノ岐川を遡行して焚き火宴会と平ケ岳の紅葉狩り楽しむつもりでしたが、前夜祭は予定通り盛り上がったものの、出発の朝はシトシト雨とガス。

早い時間に雨は上がるらしいけれど、今回行っちゃえば多分もう2回目はない沢。つまらない時に遡行なんかしないで条件のいい時まで大事に取っておこうという事になって、早々の敗退を決め込みました。

でも出番がなくなっちゃったMTB、これじゃ可哀想じゃん。
下山用

で、一旦帰宅して翌日MTBツーリングに行くことになりました。

ルートは名栗湖から林道広河原・逆川線で有間峠まで登り、関東地方には数少ない21kmものダートが続く林道大名栗線を下って名栗湖へ戻る全44kmの林道周回ツーリング。

名栗湖のカヌー工房の脇のPに車を停めて出発します。
MTB2009_1012AB1s.jpg 

MTB2009_1012ADs.jpg

逆川沿いのとても気持ちの良い林道をのんびり登ります。最初ちょっとだけ傾斜がありますが、舗装もされている癒し系。随所で滝がかかってくるので、その度に直登できるルートを目で追ってしまいます。MTB2009_1012AEs.jpg 

今日のメインディッシュの大名栗線入口に到着。 おしゃべりしながらのんびり登ってきていたので、えっ、もう?って感じでしたが、 ここまで1時間20分かかっていました。
大名栗線入口 

まだまだ体力も時間も余裕があるので、このまま広河原・逆川林道を走って有間峠を目指します。
有馬峠を目指す!

マッキー、スガーをちぎって一番乗り!

一番乗り 

MTB2009_1012APs.jpg 

MTB2009_1012ATs.jpg 

出発点の名栗湖がはるか下に見えます。この景色は達成感ありますよ。
MTB2009_1012ASs.jpg  

へっへっへ。満足です。
MTB2009_1012AVs.jpg 

寒かったのですぐに大名栗線入口まで 戻りましたが、この下りは超爽快。
でも我々の目の前で高級Roadがカーブを曲がりきれずに転倒。自分の身体の事よりウェアを心配していましたが、きっとウェアも高級品なんでしょうね。

さてここから21kmのダートの始まり。
果たして我々は生きて帰れるのでしょうか?
ちなみに2輪・4輪は通行禁止ですが、歩行者、自転車の通行は黙認されているようです。
使用前 

最初はこんな路面。安心して飛ばせます。何度も登り返しが出てくるのもアクセント、そう悪くありません。
激走1 

激走3 

その後は概ね我々初心者にとってほど良いダートが連続。写真には写っていませんが、結構大きな石がゴロゴロ転がっていたり、溝が掘れていたりで気は抜けません。もちろん座って乗車することはできないので、下りなのに最後は太腿が攣ってしまいました。 オートバイのモトクロスが趣味のスガーは本領発揮、メチャクチャ速かった。
激走2   

存在理由が判らないこの広場から先は安定した路面になるのでテクニックよりも勇気次第の高速ダート。
MTB2009_1012BLs.jpg
もう脳内ホルモン垂れ流し状態です。MTBを持ってて本当に良かったと心から思いました。林道終点のゲートに着いた時は3人とも興奮していて記念写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。


そして名栗湖へ向って最後の試練。短いけど疲れた腿には響きます。
MTB2009_1012BOs.jpg 

MTB2009_1012BPs.jpg

お疲れ様!!
MTB2009_1012BQs.jpg

近所なので帰路の渋滞に巻き込まれることもなく、大満足の一日でした。  
これほど素晴らしいダートが残っていることに感謝です!

データ
【ルート】名栗湖→林道広河原・逆川線→有間峠→林道広河原・逆川線→林道大名栗線→県53号→名栗湖
【走行距離】43.41km (ダート21km)
【実乗車時間】3h55m54s
【平均車速】11km/h
【最高速度】42.5km/h

   

総括

【仙台グルメ総括】

各店で印象に残った逸品だけ、食べてホントにシアワセと思ったものだけをピックアップしてみました。しっかし仙台、住みたいです。 富山よりもずっと上。

10月6日 地雷也
地雷也 

鯨3種盛り。左からベーコン、刺し身、囀り(いわば鯨タン)。身厚のベーコンも堪らなかったけれど、囀りが余りの絶品だったので…
鯨3種

掟破りの囀り別注。 ちょっとやりすぎでした。
囀り追加! 

絶品生菊酢(真鱈の生白子)。これに関しては相対的に「元祖炉ばた」、「一心」に次ぐNo.3だったけれど、それでも頬が落ちて感激しました。
菊酢_地雷也 

金華山沖のシメサバ。二杯酢未満のシアワセ…
金華山沖

お酒の名前は忘れましたが、東北一辛口の酒だそうです。このように注ぐことを「もっきり」というそうです。思いっきりか、盛り切りでしょうか。
もっきり   
料理店には一家言持つ上司もお気に召してくれて、最後は二人とも記憶なし。 私はこの頃この街のどこかで飲んでいたU君に2度も自慢コールをしたらしい。

10月7日 一心 Photo by U-kun 
一心_1s

つきだしからして大間のマグロ!
せっかくなのに練りワサビがちょっと残念でした。
一心_2s    
 
鱈の昆布締め。珍しいというのがホンネですが、まぁ一応。 
一心_4s   

うーん、今夜もシアワセ。 私はこれが一番。
一心_3s 

あんまり美味かったんで追加です。
ちなみに左は女川の針子サンマ。 普通の網から抜け出てしまう目刺し級ですが、何故か美味しい。
菊酢追加 

いやぁ、5時間も盛り上がって食べた飲んだ。 お酒は宮城の地酒を端から端まで飲んだようですが、一番美味しかった浦霞EXTRA。
エクストラって…  

10月8日 元祖炉ばた
会員パーティーをサボって独り酒。
創業60年という炉端料理の元祖だそうですが、炉端焼きではありません。地の家庭料理と仙台訛りのきついお母さんや地元の方々との会話が楽しめた今回一番印象に残ったお店。
元祖炉ばた

今回最高、生涯でも2番目に美味かった菊酢。モルゲンロートでしょ。 
菊酢_炉ばた

鯨ベーコンは地雷也の方が上。もっともこれで十分美味かったんですが、地雷也のベーコンが美味すぎでした。
鯨ベーコン

お酒はもちろん天賞の純米。相当しっかりしたお酒です。
天賞

追記)
行かなかったわけじゃないんですよ、ここ。
シンポジュームの会場でお昼を食べ損なってしまったので、土砂降りの中をタクシー拾って行ってみました。
台風のおかげで並ばずに入れたのは良かったんですが、まぁね。
(写真は夜撮影)
牛タン

こんな事してるからたかが始祖鳥買えないんだよなぁ。

この日・月曜日は恋ノ岐川に行ってお腹を引っ込めてきます。

仙台グルメ 三晩目

【元祖炉ばた】
今夜は学会主催の会員パーティ、昨晩あれほど出席するように言われていたのだけれど、やっぱゴメンナサイ…。嵐をついて国分町、今夜は気楽に独り酒。

20091008220951 



炉ばたに座ったおかみさんがおっきなしゃもじの上に料理や酒を載せて出す「炉ばた料理」発祥の店。
今年で創業60年。囲炉裏をコに字に囲んだカウンターが10人そこそこくらいの小さなお店。
20091008220954


}

















今流に言えば地酒の天賞のアンテナショップでしょうか。
今日で三晩連続「きく酢」(真鱈の生白子)を食べたんですが、大正解! こと「きく酢」に関しちゃ、地雷也<一心<元祖炉ばた。

今夜もしあわせ~。

東北グルメその2

10月7日【今宵も仙台】 

20091008001243

共同研究をして頂いているいる大学の先生やシンクタンクのHさん達と国分町に繰り出しました。 ビックコミックにも出たくらいだけれど、それでも知る人ぞ知る隠れた名店。(下のカットの右上に一心の看板)

20091008001246


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



つきだしからして大間のマグロだし!
生菊酢(真鱈の生白子)、昨日の地雷也のも美味かったけど、こっちはもっと美味かった。
鱈の刺身なんて人生初体験。 
変わったところでは女川のちびっ子サンマ。とても秋刀魚とは書けない目刺級なのにこれがまたうまかった!


お酒も宮城の銘酒が一揃い。
私よりずっとグルメのU君が一品一品撮ってくれたのでその内アップします。

明日は自重して地味に「元祖炉ばた」かな。

東北グルメ!

10月6日 【某地方都市】

明日から開かれるシンポジューム出席のために東北地方のある街に来てます。
1254842222-20091007001545.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



いやぁ、美味かったぁ。
鯨の囀りと今季初の真鱈の白子! そもそも囀り初体験! 
思わず目をつぶってしまう忘れられない味になりました。

週末は今季最後のお泊り沢で、来週はまた地方巡業。
写真のアップが遅くなります。

この街に来たら牛タンどころじゃないような…

二子山中央稜2009秋

 10月4日 【マルチピッチトレーニング】

娘が買ってきたケーキを食べてお祝いが終わってから同行者二人をピックアップして山に出発。
83才お誕生日

今月予定しているアルパインの事前トレーニングという崇高な目的だったんですが、飛騨牛とかヒミツの温泉とか…
うんと盛り上がっておぢさんは楽しかった。
0910FutagoP1030024s.jpg

翌朝現地で待ち合わせたもう一人は外岩トゥエルブコンスタントという私の周囲にはいなかった超強力メンバー。
小川山で狙っている13課題が終わったらアルパインとか沢に復帰されるそうですが、これからよろしくお願いしますとは言いだせないほどの桁違い性能。
0910FutagoP1030033s.jpg 

教わるところが多い人。0910FutagoP1030028s.jpg 

本番でもロープを組むことになっている人。
ちょっと飲み過ぎたみたいだったけど、次も懲りずにいっぱい飲んででくれるかな?
0910FutagoP1030030s1.jpg  

天気予報と違ってこんな天気でしたが楽しい1日でしたよ。カムトレもできたし。0910FtagoP1030032s.jpg

帰路弓状エリアの偵察に行ってきましたが、壁の中段にある取り付きまでのアプローチさえ私には怖い。(5.9?、固定ロープあり)
別世界どころじゃなくて、別な惑星とその住人達を見学して目の保養をしてきました。

遊んでもらった皆さん、ありがとう。

また中止…

10月1日

今週末楽しみにしていた小川山でのマルチピッチカムトレ&宴会キャンプ、また雨で流れてしまった…。

もー、ついてないなぁ。
代わりに日曜日に二子山中央稜に行ってきます。せめて前泊宴会で盛り上がっちゃお。

閑話休題。
個々の技術者の方々は尊敬してるけど会社としてはどうしても尊敬できない某T社、とてつもないリコールを出しそうなのは新聞などでご存知と思います。それで思い出したのですが、助手席に置いておいた空き缶が下り坂で転がり落ちてブレーキペダルと床の間に挟まってブレーキが踏めなくなり、事故になった実例があります。フロアマットの固定はもちろんですが、そういう事にもお気をつけて。