FC2ブログ

高級店

8月22日【鉄板焼き赤坂】ANAインターコンチネンタルホテル東京37F

21032599_480003539043876_5651514623466945901_n.jpg




余りの飲み会の多さにブログアップが間に合わず中断していましたが、多分人生の絶頂期なんだろうからちゃんと記録に残すことにしました。自慢のようで不快に感じられる方には申し訳ありませんが、元々それが主旨のブログなので。

鉄板焼きを食べる機会はたぶん世間一般の方より多いとは思うのですが、何分にも高いので高級店には行ったことがありませんでした。せいぜい横浜ロイヤルパークホテルの「よこはま」とか伊勢崎町の「瀬里奈ドーム」が精一杯。

今回は自己新記録のANAインターコンチネンタルホテル東京の最上階にある鉄板焼き赤坂。
さすがに写真撮るのは恥ずかしかったのですが、厚顔無恥を決め込んで最低限だけ。

ライトアップした東京タワーが正面に見える最上の席に案内してくれました。
AKSKDSC_0854_R.jpg

15,000円のコースに伊勢エビは付いてきませんが、どこたらの由緒正しい野菜は2種のお塩をお好みで。
美味い!ちなみに、お隣の桁違いにリッチそうなカップルはアワビ、伊勢エビ、お肉と豪勢でした。
AKSKDSC_0857_R.jpg 

今日のお魚料理は太刀魚のバター焼き。脂がのってとっても美味しい。
AKSKDSC_0856_R.jpg

サーロインのレア(オレ)とヒレのミディアムレア。 美味しくて幸せ。
AKSKDSC_0859_R.jpg

追加料金***円でライスをガーリックライスに変更できますとか言わないところがいいね。

それにしても生ビール、ロワーエンドちょい上の赤ワインボトル、それだけじゃ足りなくてグラスワインも追加したらやはり総額はお料理の倍以上。いいお値段。宇都宮や名古屋のおなじみの店で同じお金を出したらそれこそアワビも伊勢エビも付いてお釣りが来そう。


オレもここで食事を出来るようになったという形而上学的な自己満足感か。
(なんちゃって、ANA利用券ですよー。)






家庭内平和維持活動

2月8~10日【家族旅行】@トヨタ白川郷自然学校、高山、松本

家内が雪の白川郷を見たいと言い出した。
ここで機嫌を損ねたらこの先のつつがない活動に支障をきたすし、私はトヨタ白川郷自然学校の田中シェフのフレンチがまた食べたいし。

めったに合わないニーズが一致して岐阜・松本家族旅行に行ってきました。
昨年桜の時期に行った時は新幹線+レンタカーという大名旅行をしましたが高いよねぇ。老後の生活に灯る黄信号が見え隠れし始めた懐事情を鑑みて今回は専属運転手です。

松本ICと平湯の間にはこれと言った食べ物屋が見当りません。というわけで、昼食時に梓川SAのレストランに入ったのですが美味しいものを見つけました。
IMG_20170208_124603_R.jpg

この地方の郷土料理の「すんきとうじ蕎麦」という物だそうです。
言ってみれば、蕎麦のしゃぶしゃぶ。
IMG_20170208_124710_R.jpg

「すんき」というのは赤かぶの葉を発酵させた漬物、「とうじ」は上の写真で蕎麦を入れている籠の事だそうです。
汁には焼き長ネギ、キノコ、油揚げ、鶏肉団子など具沢山。出汁が良くきいたいい味でした。
蕎麦と具を食べ終わったらご飯を入れてひと煮立ちしてから卵を入れて雑炊で頂きます。
1,600円もするのでお昼に食べるものではありませんが、美味しいし量もあるので食欲旺盛な山屋さんにはお勧め。

そして夕刻念願の雪をまとった白川郷に到着。
SRKWDSC_0506_R.jpg

SRKWDSC_0507_R.jpg

きれいでしたけれど、私は春の息吹を感じさせてくれる雪解けの白川郷の方が好きだな。
20170208_2_R.jpg

正しい観光も終わって本当の目的のトヨタ白川郷自然学校へ。

ここの売りの一つは本格フレンチフルコースです。
これを楽しみに毎年来ている山スキーガイドツアーもあるくらい。
Dnner@Toyota_R

私は今回これで3回目ですが、毎回幸せに浸って思わず目を閉じてしまうお皿に出会えます。
今回は前菜として出てきた厚切りローストビーフと魚料理のヒラメのポアレがそれでした。
私ごときにお料理の批評などできないので、このブログでは「美味しい」か「ノックアウト」か、極々たまに「シアワセ」のような感想しか書かけないのですが、この二皿は正にシアワセ…。


「あ~、これ美味しい…」
あまり食にはうるさいことを言わない家内もシアワセに浸っていました。
IMG_20170208_200447_R.jpg

これを作ってくださっている田中シェフ。
ご夫婦で山ボーダー。昨年末白馬の食堂おおしもで偶然お会いしてびっくりしました。
お忙しいのにお話に出てきてくださいました。
IMG_20170208_210757_R.jpg
私は食べないのですが、朝食のビュッフェにあった数種のジャムもとても美味しくてきっとシェフのお手製だろう家内が言っていました。

宿泊棟の前には合掌造りの家が置かれています。
また、敷地内には17頭の熊が住んでいると書かれていたので、相当広大な敷地というか山を幾つも所有しているのでしょう。さすがトヨタ&白川村コラボ。
IMG_20170209_073747_R.jpg

人気なので週末の予約はとてもタイト。
今シーズンはついに取れなかったのですが、来シーズンはまた皆で押しかけようと思っています。

翌日は高山に寄って観光とお土産漁り。
古い町並みで立ち食いのA5和牛炙り鮨。
DSC_0517_R.jpg

お昼は平湯バスターミナル脇にあるよし本で名物のカレーうどん。シラフじゃあんたの助手席なんか怖くて座っていられないという家内はビールと天ぷら蕎麦。実は雪の積もった峠道の下りの2,300m先を気持ちよさそうに飛ばしていた某大馬力AWD車に追いついてやろうと飛ばしていたら緩い左カーブで大きく右にお尻を振られ、カウンターの戻しが遅れて今度は左に振られ…。(不肖常吉、少なく見積もっても直近70万km弱は無事故・1違反、たまにはヒヤリハットくらいいいでしょ!)

夜は松本市内で娘を呼び出し、偶然通りかかった本格イタリアンLa Chiaveに吸い込まれてみました。
IMG_20170209_175632_R.jpg

ちゃんと天使の輪ができる店。
IMG_20170209_175924_R.jpg

いろいろ取りましたけれどハズレなしです。
IMG_20170209_180424_R.jpg

最後のこれ3杯はやり過ぎでした。
IMG_20170209_193815_R.jpg


ホテルに帰ってベッドに倒れこんだら風呂にも入らずにすぐに落ちてしまいました。
今宵もいい夜だった。



今回の旅行でハタと気が付いたことが今週末への山スキ-へとつながった…。



僕らが築いてきたもの

12月6日【ARBOL】神楽坂

昨年までHONDA F1の総責任者をやっておられた新井康久さんを始め、長い間エンジンの研究開発を一緒にやってきた誇れる一流の仲間たち。
大変な思いをしながら無我夢中で駆け抜けたこの30年に話の花を咲かせた。
ABOL3_R.jpg

通りがかりだったらまず気が付くことはない隠れ家風レストラン。目につく表札はオーナーの個人名。
ABOL1_R.jpg

シャンパンとワインは場数を踏んだ新井さんのチョイス。
ABOL2_R.jpg

賑わう1Fとは全く雰囲気の違う静かな2Fを使わせていただき、あっという間の4時間だった。


1998年
研究所設立当初からあったエンジン実験棟の閉鎖の日を迎え、課内秘のシャンパンファイトを待つ戦士たち。
(緑矢印は現F1総責任者の長谷川祐介氏。)
HGW1998_R2.jpg




業務関連備忘録

仕事の話ですが、実直なエンジニアから足を洗い最近ではすっかり「脂ぎった営業部長」に変身しました。
還暦越えてからの新たな道も早3年目を迎え、4月からは所属学会での立ち位置も変わります。(早い話がクビ…。)

昼間は優秀な主役たちがいるので、夜の部が私のお仕事。

12月17日「春秋」(創作和食)@溜池山王 W/RCK&CLHN
目論見の店がことごとく満席。この日テキサスから到着したばかりのアメリカ人に案内してもらったという営業部長としては情けない状況。
評)素晴らしい夜景。和食ながら肉も出るので外人には良い。しかしながら日本人だけならあえてここでなくとも。
IMG_20151217_195303_R.jpg

IMG_20151217_184519_R.jpg 

1月14日「オーク」(鉄板焼き)@新横浜国際ホテル 
初対面のお客様がいたので写真なし。
評)↓ 参照


1月21日「みやの華」(ジビエ、海鮮)@宇都宮 赤霧あり。
前泊・独り酒。
評)「日本一」のような本物感はないけれど、珍しい食材の幅は特筆。最終評価は次回。
IMG_20160121_225210_R.jpg  

期待のクマのつくね。意外に癖がなくて期待外れ。
IMG_20160121_225204_R.jpg

馬刺し3種盛り。食べきれないので2種盛りにしてもらったが、その分盛りが良くなって量は一緒!
IMG_20160121_224822_R.jpg
 
1月25日「すえ」(鉄板焼き)@名古屋 W/ALG&CNWY 
身内のアメリカ人と。
評)たった一言、文句なし! 東の「梶」Vs. 西の「すえ」。
IMG_20160125_185039_R.jpg 

ID付き450gTボーンは外人大喜び。
IMG_20160125_180609_R.jpg

1月26日 「だるま」(串揚げ)@新大阪駅
外人を先に帰して日本人の同僚と熱燗でリラックスタイム。 
評)話のタネ。私は1回で十分。
IMG_20160126_163011_R.jpg 

1月28日「香味亭」(鉄板焼き)@ホテル東日本宇都宮 W/ALG&CNWY
評)店の方との対話ゼロ。「料理は舌と目と鼻と耳」だと教わってきたのだけれど。
IMG_20160128_205859_R.jpg   

2月4日「八吉酒場」@八重洲 
前泊・独り酒
カウンターの両隣の酔客に圧倒されて写真なし。
評)肴も接客も悪くないけれど、狭い店内にタバコの煙が充満。美味しい魚をちょこっと摘まむ2次会向き。

2月5日「オーク」(鉄板焼き)@新横浜国際ホテル W/HNRY,EAKL
評)できれば女性と来たい雰囲気と接客。Good! 前菜にはどんぐり豚。
IMG_20160205_183425_R.jpg 

一同ご満悦。
IMG_20160205_194655_R.jpg 

2月9日「存じやす」(鉄板焼き)@宇都宮 
評)前回逆接待された時の感激がなかった。値段の差? 個室の雰囲気も良くない。Should try again.
IMG_20160209_195553_R.jpg 

2月16日「本濱」@大門(旬采)
初対面同然のお客様と一緒だったために写真なし。
評)ジャズが流れる和モダンでお洒落な割烹。日本人との会食にも恥ずかしくない使えるお店。




明日はプライベートで心置きなく四川家庭料理に!


京都グルメツアー2015

 8月31日から9月4日まで京都で国際会議があり、参加してきました。
PFL20150903_34DSCN3475_1_R.jpg

8月31日 初日は身内だけで松喜屋京都四条店。近江牛が自慢のステーキ屋さんです。
IMG_20150831_204919_R.jpg 

始めは手前側の3人だけで行くはずだったので近江牛「極上コース」などとひそかに企てていたのですが、ふたを開けてみると倍の6名…。いかにも大らかなテキサス気質。そこがこの会社のいいところなんですが、いくらなんでも倍の予算オーバーはあんまりなのでワンランク下の「特上コース」に自主規制。

ワンランク下げたと言っても高級和牛そのもの、均一にサシが入ってジューシーで柔らかなステーキ。これでも十二分すぎです。
肉の上に載っている白い塊は「泡塩」という品のいい塩ですが、粗野な私にはしっかりした岩塩の方がうれしいな。熱した溶岩に乗って運ばれてきますが、焼きは鉄板だそうです。
IMG_20150831_195550_R.jpg

最近お肉に食指が向かない私にはもったいないディナーでした。

9月1日 ホテル京都グランヴィア 竹取の間
私ともう一人の日本人同僚にとってメインイベントの日。
サンアントニオの隣町のヒューストンに本社がある某社日本法人と合同でプライベートパーティーを開きました。
初めての試みだったので何人が来てくれるのか心配で心配で。
PFL20150901_2DSCN3443_R.jpg

ふたを開けてみれば名刺を置いて行ってくれた方だけでも170余名。
私ともう一人の同僚がこの何十年も培ってきたコネを駆使して招待状を発送しまくった甲斐がありました。
PFL20150901_5DSCN3446_1R.jpg 

自動車業界との直接のつながりが濃くはない共催会社もこの盛況ぶりには大いに喜んでくれました。
また、大阪出張から今日中に栃木まで戻らなければならない元上司がわざわざ京都で途中下車して出席してくれたことは大感激でした。

さすがにShinner Bock(テキサスビール)までは手に入らなかったのですが、コロナビールとフローズンマルガリータはホテル側の尽力でご提供することができました。コロナ片手に挨拶する弊社副社長。
PFL20150901_15DSCN3456_R.jpg

おかげさまで最後まで大盛況。
お開きになり照明を下げても外国からのお客様は帰る様子を見せないので、酔った私が英語でクロージングスピーチまでしてしまいました。あー、恥ずかしい。

大好評につきこれからは年1回どこかでやることになるような予感…。


ホテルのバーで副社長に労をねぎらってもらった後、日本人の同僚と2人で3次会。
各テーブルへのあいさつ回りに忙しく、アルコール以外何も口にしていなかったのでこの鶏寿司は美味でした。
PFL20150902_26DSCN3467_R.jpg

京風の上品なラーメンで〆。
PFL20150902_27DSCN3468_R.jpg

いい店だったことは覚えているのですが、一体どこだったのか全く記憶がないのが残念です。

こちらはお店の方じゃなくてカウンターで隣になった方。京美人でした。
PFL20150902_28DSCN3469_R2.jpg

9月2日 神馬 西陣(上京区 千本通中立売上ル西側玉屋町38)←この住居表示が即物的でオモシロイ。
神馬1_R

この日はH社の新世代ガソリンエンジン(ダウンサイジング過給エンジン)の高効率燃焼確立の立役者と、某大手サプライヤー役員を誘って会食飲み会。座敷で京料理って柄じゃないけど口が肥えたメンツなので、苦労して探し出したのがこの神馬(じんめ)。

今回5日間で食べた中で一番心に残った逸品は京らしい上品な薄塩味のグジの兜煮。これは美味かった!
神馬8_R

生、煮る、焼く、揚げる、素材の良さを引き出す素朴な料理の数々を堪能しました。
グジの他では特に生牡蠣と柳鰈が美味かったな。
クジラベーコンは厚身の上品なやつじゃなくて給食で食べてた薄くて真っ赤なヤツを期待していたんだけど…。

厚岸だったかな。広島は広島で美味いんですが、こっちはもう少しミルキーです。
神馬6_R

柳鰈がこんなに美味かったとは。
神馬7_R

味にはこだわる二人も堪能してくれたようで、私も一生懸命お店を探した甲斐がありました。
京都駅からタクシーで20分ほどかかりますが、京都に来たらまた是非寄りたいお店です。
神馬11_R

9月3日 公式バンケット
PFL20150903_46DSCN3487_R.jpg

太っ腹で遊び上手な京都の老舗計測器メーカーが毎回スポンサードしてくれるおかげです。感謝。
PFL20150903_36DSCN3477_R.jpg

なので当ブログもPRに一役。左の写真は終戦からまだたったの2年、右は私が生まれた年。
PFL20150903_44DSCN3485_R.jpg
この世代の方々は飢えに苦しみながらも死に物狂いで働いて焼け野原だった日本をあっという間に世界第二の経済大国に復興せてくれたのだから年金など多くて当たり前。それっぽっちじゃ足りんだろと結果的にはパラサイト第一世代だった私ですらそう考えています。この世代の方々が血と汗と涙で築いてくれた遺産のお蔭で難民にもならずに安穏とウダウダできている我々とそれ以下の世代かと。

2次会は某メーカー役員とH社期待の中堅エンジニアと。
PFL20150903_53DSCN3494_R.jpg

9月4日 根室花まる@KITTE丸の内店
新幹線の中でネットをチェックしていったのですが、期待外れの一言にしておきます。


よく飲んだ5日間でした。
個人的お付き合いのある皆様、来月は小倉で会いましょう!

ちなみに今週のオフトレ
1日(火)ウォーキング20分、ジョグ40分
2日(水)ジョグ30分
4日(金)ジョグ40分



西日本グルメツアー2

今週はTexasから若いDr.を迎えて西日本ツアー。
会社で大抜擢されているだけのことはあって技術はもちろん人間的にもとてもいいヤツで、気分のいい3日間を過ごしてきました。

8月26日 ステーキ「すえ」@名古屋
ウチのTexas Guysみんなが行きたがるステーキハウス。ここに来たくて日本に来るんじゃないかと思うほど。
IMG_20150826_195346_R.jpg

でも私はそこまでとは思えんな。
前回は久々のT-Boneにごまかされた感があるので、今回はひれを頂きました。
もちろん美味しいんですが唯一無二なんかじゃなくて、同じような価格帯でもっと美味しいステーキ屋さんはいくらもあります。
これから彼らを徐々に調教しなきゃ。


8月27日 「かき名庵」広島駅asse
まだ3時だったけど牡蠣食うかと聞いたら
”Sounds good!"
ってなわけで明るい内から。

まぁ、うれしそうな顔。
こういう顔されるとオレもうれしい。
IMG_20150827_154206_R.jpg

まだRは付かないけど養殖から運搬から調理までこの会社が一気通貫でやっているのでご安心をとのことでした。
広島のカキはあまりストロングでないので数を食べられますね。

あまり美味そうに平らげるので岩牡蠣も追加。
彼の手がでかいのでそう大きく見えませんが、かなりでかい。こんな大きな牡蠣は初めて見たって。
IMG_20150827_155311_L_R.jpg

牡蠣尽くしを堪能してから名古屋のホテルに戻った後、リラックスしたくて一人で夜の街を徘徊。
美味しいものがちょこっとつまめる小料理屋を探し歩いたのですが、さすが名古屋。派手派手何でもありの騒がしそうな居酒屋とか焼き鳥系は幾らでもあるのですが、探していたような店は見つからずに仕方なく。

旬蔵名駅はなれ店
もうお腹はいっぱいだったのですが、メニューにあった「三河鰻」とか「時知らず」の文字に目が惹かれて頼んでみたものの…
IMG_20150827_223031_R_R.jpg

ほうれん草とベーコンのサラダが美味しかったですわ。
やっぱ私、名古屋だけはあわんな。


8月28日
ビジネス終了。打ち上げは東京ステーションホテルの青柳へ。
「Otsukare-sama」って覚えてくれたかな?

いやぁ、旨い!!
IMG_20150828_191435_R.jpg

彼はかなりの寿司好きだけど、ここの美味さは分かんないだろうなぁ。
まずもってシャリが違うもん、シャリが。
米、炊き方、酢の具合、握り方、ここで食べるとシャリって料理だよなぁって思える。
堪能しました。

来週は月曜日から金曜日まで丸1週間の京都グルメツアー。
またがんばろうっと。


肉、魚介

訪問先が月島の近くだったのでもんじゃって話もあったんだけど、それじゃいくらなんでも。 
てんぷらどうだいって聞いたら、いや鉄板焼きが食べたいと。

八重洲大丸13Fにある鉄板焼きAn。 
残念ながら5時前に行ったのに予約客で満席でした。
後でHP見たら客の着る物にまで注文を付けるような店だったので体よく断られたのかも。(写真はHPより拝借)
AN_R.jpg

じゃぁって事で大門まで足を延ばしてステーキ梶。
IMG_20150305_173721_1_R.jpg       

ここへ来たら特選神戸牛。向こうの人には1.5人分にしてもらいました。
IMG_20150305_180120_1_R.jpg 

この玉ねぎがまた絶品。私にはこっちの方が忘れられないな。
IMG_20150305_180140_1_R.jpg

今日応援に来て頂いた先輩格の方からいい店見つけてくれたとお褒めの言葉を頂きました。

私は今日で一連の仕事が終了。
大きなミスもなくちょっと一息。ほっとしました。

お開きの後、どこか一人でのんびり一杯やってから帰ろうかなと思っている時に上手い具合にかおりんからメール。
IMG_20150305_215049_1_R.jpg

やっぱオレは日本人だなぁ。
IMG_20150305_220145_1_R.jpg

かおりん、サンキュー!

鳥長 3rd

3月3日【鳥長】銀座

ここを知って足かけ3か月、正味ひと月強の間に早や3回目です。

私も気に入っちゃったけど、この人たちは一人が今回でちょうど10回目、もう一人も2回目だとか。何で覚えているかっていうと日本に来た時は必ず来てるからだそうです。
IMG_20150303_193641_R.jpg

実は私は焼き鳥はあまり好きじゃなくて今までは年に1回も食べていなかったんだと思うんだけど、ここのは別格。彼らはこれが焼き鳥だと思っているんだろうけど、今度普通の焼き鳥食べさせてみようかなぁ。

最近私は故あって肉類を減らしたいのに、向こうの人たちは日本の美味しい肉が楽しみなんだねぇ。肉でなければせいぜい鶏肉。いろんなお魚とか新鮮なお刺身とか寿司とか天ぷらとかフグとかカニとか魚卵とかウニとかホヤとかナマコとかクジラとか鰻とか松茸とか山海の珍味がいっぱいあるのにねぇ。

↑ 恨み節。

Congratulations on me!

2月24日【ステーキハウス梶】@大門

以前からブログを見ていて頂いた方はご記憶かもしれませんが、昨年4月に肺ガン疑惑が発覚。
3月のCTで限りなくクロに近い診断を受けて一時は覚悟を決めたのですが、4月5月の精密検査で幾らかグレーになり、8月の検査の結果幾分白に近いグレーに変色。そして今日の検査で限りなく透明に近いグレーになりました。これからは半年に1回のレントゲンと年に1回のCTに減刑です!

やったね!!

そのお祝いってわけじゃないんだけど、来日した直上司を社内接待。
初めてのお店だったんですが、

特選神戸ビーフ。
IMG_20150224_185123_R.jpg

W/certification.
IMG_20150224_190054_R.jpg 

マイスター。もやしにすらこだわり。
IMG_20150224_185806_R.jpg 

これも。
IMG_20150224_194702_R.jpg 





私の残りの人生を変えてくれた方!!! 
世界一の自動車会社に居らした方にも新たに仲間に加わってもらえて、もう百人力。
IMG_20150224_184942_1_R.jpg   

あとは平地だと足が痺れてしまって10分も歩けない脊柱管狭窄症と、網膜の動脈硬化が原因になった網膜静脈分枝閉塞症だけだな。

腰は絶対自分で治す。
でも、目はなぁ…。注射めっちゃ怖いっす…。

鳥長

【鳥長@銀座】

先日テキサスカウボーイに連れて行かれた銀座鳥長。
この日は美人と。


12IMG_201502_203235_1_R.jpg 
  

すし魚真

  12月5日【魚真】@東池袋

オレのFinal送別会をやってもらった店。以来ずっと気になってました。
IMG_20141205_193246_R.jpg

大間のまぐろとか、どっかの鯖とか、どれも絶品。
江戸前鮨だからお造りじゃなくてお刺身。これって大事だよね。
で、いっぺんに出てこないとこがいいよなぁ。
IMG_20141205_195522_R.jpg 

ふと気づいたらおれ達だけじゃん。
粋とかマナーとかが分かる大人の女性だったので板さんとのやり取りも安心して見てられたな。
IMG_20141205_221844_R_2.jpg

2次会は池袋のワイン屋きっちん。 
何週間も飲み会が続いたせいか、最後は気持ち悪くなっちゃって帰りをせかしてスマン。
で、アベノミクスのせいか森林公園駅でタクシー待ち1時間以上。
寒かったー。 

その前の晩は元上司と久々に川越の基(もとし)。
これも素晴らしかったわ。

2014道東旅行②

6月23-25日【網走・阿寒・知床】 W/家内
その②

知床の宿は港を見下ろす高台にある「知床プリンスホテル風なみ季」。西部グループかと思っていたら地元資本のようです。
格安ツアー客にも関わらず上層階のオーシャンビューをあてがってもらえました。
14Doto_60.jpg 

本当は港の周辺にある小料理屋に行ってウトロの幸を味わいたかったのですが、今夜もホテルの夕食付き。

別注メニューがあったのでウトロ産ウニを頼んでみました。この時点では知りませんでしたが、今年は不漁だそうです。値が張って地元の小さな料理屋ではどこもメニューから外していたので、ここで食べておいて良かったです。 
14Doto_53.jpg
口に含むと甘みがぱーっと広がってとても幸せ。
「オレは外で幾らでも美味い物を食ってるからおまえ食べろよ。」普段ならそう言って家内に譲っている私ですが、こればっかりは半分こ。そのくらい美味かった。

同じく別注鮭ルイベ。これはちっとも美味くなくて鍋に放り込んで煮てしまいました。
14Doto_57.jpg

食後は夜の野生動物観察ツアーに行きたかったのですが、既に満席で参加する事ができませんでした。ホテルのお客はほとんどが団塊世代の方々、そんな観察会に参加される方は少ないのではと油断していました。残念。


翌日は今回の観光旅行のメインイベント、知床クルーズ。
波一つ、風ひとつない穏やかなクルーズ日和です。言葉通りの油凪、湖より穏やかでしょ。
14Doto_71.jpg 

遭遇率90%以上というヒグマはちゃんと出て来てくれました。岩陰には子グマが居ます。
Bear.jpg 

更には船の間近に体長5,6mのセミクジラが姿を現してくれました。それも2度も。
クジラやシャチは羅臼側には多いそうですが、ウトロ側では珍しいとの事でラッキーでした。

とうとう国後島が見える知床岬の突端まできました。
流入する川が少ないのでしょう、海の色が全く違います。 潮の動きも速く、まるで黒潮のようです。
14Doto_87.jpg 

深みから湧きあがってくる潮の流れに乗って何者かに食いちぎられた50cmもあろうかという大きな蛸の頭が吹きあげられてきました。深い海の底に潜む得体のしれない生物、海を覗きこむのがちょっと怖い気がしました。


約3時間の知床クルーズは大満足でした。
雪の奥黒部を手付かずの大自然と思っていましたが、知床は桁違い。何年もかけて海岸線を一周した友人を心から尊敬しました。

お昼は道の駅の正面にある「熊の屋」。
楽しみにしていた名物荒磯丼はウニの入荷がないとのことだったので、
知床の行者ニンニクと、
14Doto_94.jpg

ウトロ産の赤ホヤで、
14Doto_97.jpg

昼間っからぐびぐびと。 知床の自然の余韻に浸ります。
14Doto_92.jpg 

〆はイクラ丼。これでもハーフです。でも、ウトロ産のウニ丼食べたかったなぁ。
14Doto_93.jpg 

たった3日間の道東の旅でしたが、大自然にちょっぴりだけ触れて、美味しい物を食べて、親切な地元の方々と触れあって大満足。知床の奥深くに分け入るのは私にはちょっと無理だけど、もう一度訪れてみたい地になりました。

2014道東旅行①

6月23-25日【網走・阿寒・知床】 W/家内
その①

Bear.jpg 

鬱陶しい梅雨を逃れて北海道に行ってきました。
ホテルは素泊まりにして、夕食は地元の人で賑わう店でその土地の食材を堪能するというのが私の観光旅行スタイルですが、今回は素泊まりプランが見当たらず2泊ともホテルの夕食付きツアーへの参加になりました。それでも往復飛行機運賃以下の料金で2泊4食付きホテル代、レンタカー代、それにガソリン代まで含まれてしまう平日ツアーは超お得。

初日は女満別空港でレンタカーを借りて、網走の回転寿司「鮨ダイニング 月」に直行しました。
魚が美味しい地方での回転寿司ってバカにできないというのが私の持論。

釣りキンキ。 しょっぱなからもうー、絶品の絶頂に登り詰めちゃいました。¥660
14Doto_02.jpg 

特に心に残ったもの。
釧路のウニ、釧路の真サバ、鮭アラ汁、地元で採れたてグリーンアスパラの揚げ物。
本日のお勧めを全て食べた上に家内は生中2杯飲んで合計6千円とちょっと。
帰りにもう一回寄ろうかって話が出たくらい良かったです。

腹ごなしに流氷博物館でクリオネを見たり流氷に触ったりしてから今日のホテル「北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート」へ。
よくある団体向けの観光ホテルかと思っていたのですが、

シックでとても感じの良いホテルでした。うれしい誤算。
14Doto_14.jpg

14Doto_13.jpg 

これには度肝抜かれました。
14Doto_03.jpg 

14Doto_06.jpg 

14Doto_11.jpg 

14Doto_07.jpg 

14Doto_10.jpg 
こんなに感じの良いホテルだったのでツアーに含まれているバイキングの夕食を捨ててメインダイニングへ行こうと家内に提案しようと一瞬思ったのですが、叱られる事間違えなしなので止めておきました。


初日はガスガスでしたが、二日目はこの快晴。
14Doto_28.jpg 

朝からビールを飲んでほろ酔い加減の助手席で屈斜路湖。すがすがしくていいねぇ。
14Doto_29.jpg 

そして摩周湖に向かう途中で事件。

路肩のPスペースで大型の双眼鏡を固定してすぐ脇の木立を見入っている数人のバードウォッチャー。てっきりフクロウに違いないと思って急遽車を停めて見に行ったところ、なんとクマゲラ。私の行動が気に障ったのかすぐに飛び去ってしまいましたが、その真っ赤な頭を持った大きな身体とゆっくりと羽ばたいて行くその姿を鮮明に記憶に残すことができました。思いもかけない出会いに止まぬ興奮。多分巣穴に居たのでしょう。帰路通りがかった時にもまだバードウォッチャーさん達は粘っていました。

そして静寂の摩周湖。
KNKのドキュメンタリーて憧れていた摩周湖。厳重に保護されているので水際に近付く事ができないのが残念ですが、すぐ下に手付かずの自然が残っていると想像するだけでファーブルシートン少年の心はワクワク踊ります。
14Doto_36.jpg 

木々の間に映える青空。
14Doto_46.jpg 
実は展望台から俯瞰した湖面です。どこまでも透明なので青空をそのまま映してしまうのでしょうね。

摩周湖の風景を十分堪能した後、まりもで有名な阿寒湖に行きましたがここは観光地。

散策は止めにして楽しみにしていた奈辺久さんにヒメマスを食べに行きました。
この時期ヒメマスは刺身でなくてルイベでしたが、脂の乗ったルイベが暖かいご飯の上で溶けてこれまた美味ーーーい。
14Doto_48.jpg 

昼は家内のビールタイムなので私の運転でウトロへ向かいます。渋滞はおろか信号がほとんどないので制限速度+10km/hをどこまでもキープできて10km10分目安です。ナビの予想所要時間の半分くらいの快適ドライブでウトロに到着しました。

初給与

 6月15日 【遅配】ステーキダイニング多喜@池袋 W/家内

さすが、おおらか。
振り込むの忘れてたそうな。 

 201406152104573bbb.jpg

Congratulations!!
地元San Antonio Spursが日曜日に5年ぶりのNBA優勝!
今頃次の給料の支払い手続き中のはずなんだけど大丈夫かなぁ~。

35日熟成

1月13日【37 STEAK HOUSE】六本木@お仕事

母親の看護にかまけて予約を人任せにしてたら地域的にもカテゴリー的にも私のテリトリー外のお店になってしまいました。

わざわざこんなとこまで来なくてもSteak Houseなんて池袋にもあるじゃん、なんて思って行ったんだけど…。
37Steak_02.jpg 

おー、ちゃんと天使の輪。
37Steak_04.jpg 

牡蠣、今日一番の感激。某オイスターバーより断然美味かった。
37Steak_05.jpg 

和牛じゃないけど十分美味しくて雰囲気いいし、お給仕してくれたカッコいい外国の方もプロ。
いい気分にさせてもらえました。
37Steak_13.jpg 
たまには洒落たお店もいいね。

【タイトル変更】松茸三昧ハイキング

10月19,20日
W/会の人たち7名

今週は南沢山と横川山という山にハイキングに行ってきました。 Photo けいこさん
S1.jpg 
山岳会メンバーのくせに登山靴持ってなくて運動靴で来たヤツ ↑ (沢一筋)

何か見つけちゃわいわいがやがや。      Photo 姫
CIMG2816.jpg
   
今度は何んでしょ?                   Photo 姫      
CIMG2851.jpg 

P1020314.jpg
まったく緊張しないハイキングって楽しいね。
一体どこに行ったのか今でも全く理解していないのですが…





そんなことはどうでも良くて、お目当てはここでの贅沢三昧。
P1020321.jpg 

写真じゃ何でもなく見える付きだしですが、口に入れたら今日のお料理への期待がフツフツと…。
P1020327.jpg
  
とりあえず生で乾杯だけど、              Photo ご主人
S2.jpg 

美味しいお料理にはこれでしょ。                       Photo たけちゃん
DSC00541.jpg 

持ち込み自由なので、各自思い思いに…。
P1020329.jpg

ローストホース!! 
黒胡椒が利いて馬刺しよりもしっかりしたコクのある味。
P1020333.jpg 

イワナじゃなくてアマゴ(サツキマスの陸封型)です。もちろん養殖だそうですがイワナより美味しい気がしました。この時点で既に酔っていたので当てになりませんが。
P1020338.jpg

そしてメインディッシュの松茸鍋~~。ご主人が山で採ってきた松茸だそうです。
私は今年2回目だけど美味しいねぇ。  Photo Ayako
DSCN1231.jpg 

お鍋に入れる肉は贅沢な信州牛の厚切りが一人3枚も。
余り強い霜降りでないのがいいですわ。
P1020337.jpg 

そして、みんなが狂喜乱舞した炭火焼!!
ハイソ(セレブを指す昔の言葉)で上品がウリのこのブログの品位を落とすのでとても写真は載せられません。  Photo Ayako
P1020342.jpg 

七輪にもこだわりが。  Photo 姫
CIMG2868.jpg 

いやぁ、松茸三昧。                                           Photo Ayako
DSCN1251.jpg 

面白い写真がたくさんあったのですけど仲間内だけ。
P1020347_1.jpg

これは手間暇かけた翌日の朝食。
これが夕食でも文句ありません。ホントに美味しい!!   Photo Ayako
DSCN1259.jpg 

気の置けない仲間達との楽しいハイキング。
加満屋さんの美味しいお料理と細やかな心遣い。

大満足の二日間でした。みなさん、ありがとうございました。

ジビエ@宇都宮

9月10日【居酒屋 日本一】@宇都宮

Celebration5.jpg 

いっときは外されちゃったのかと心ある人間は残念に思ってたんだけど、数百人に1人しかなれないポジションまで逆転出世した後輩のお祝いの為に宇都宮へ行ってきました。

宇都宮くんだりまでわざわざ奢りに行くにはそれなりの下心ありありありありありあり、あり過ぎですが、大人の世界の事なのでここではそれを置いといて…。

宇都宮での単身赴任時代に一番お世話になった居酒屋日本一。オヤジさんは鉄砲撃ちで季節毎の山菜、キノコ、ジビエ、それにこだわりのお造りがウリの大衆居酒屋。このブログにも何度も珍しい山の幸が出ています。

今日の突き出しは春に採って冷凍しておいたコシアブラの油炒め。
Celebration2.jpg 

そして本日のお勧め、イノシシのモツ煮。
一般的には臭くて嫌われるそうですが、獲ったその場で丁寧に下処理すれば臭みも全くなく美味しく食べられるそうです。その言葉通り手間暇かけただけあって全く臭みのない逸品でした。
Celebration3.jpg 

メインディッシュはここでの定番、鹿ルイベ。
業務用冷凍庫で一晩以上凍らせるので寄生虫の問題はありません。
なんも言ってませんでしたが、多分卵もこだわり卵と見た。
Celebration4.jpg 

しかしなんとM君はこうしたジビエが苦手だったそうで…。 ゴメンね。
代わりにオヤジこだわりの美味しいお造りを頂きました。で、今週末こそ小川山の晴登雨読(10c)をやっつけるつもりなので、お酒はもちろん「晴耕雨読」。

で、会談成功。大人の世界の目的達成。

M、役員まで上がるつもりでがんばってくれ。歳とか言うな!
絶滅危惧種の輝く星となってくれ。  オレ、マジ期待。


これもすごい!

10月7日
【The King of KINOKO】ふじわら@栄

こんなのが何本かあったよ。
Fujiwara2.jpg 

大きさ分かるように。
Fujiwara3.jpg

肉もお酒も絶品でございました。
Fujiwara1.jpg 

超大御所先生とオレのサクセッサーの顔合わせ。
今夜もよく飲みました。

岡山でさわら三昧

9月9日【あるもに】 @岡山

某学会の年次大会と運営委員会があって3日間岡山に行ってきました。
初日の晩は所属する部門の懇親会で、うまいもん「あるもに」。
幾つもある他の部門はすべて岡山大学構内のレストランで懇親会を開いたのに対し、我が部門だけ学会方針に逆らって外部の小料理屋を貸し切っての開催。夜の懇親が一番大事ですからね。企業の出席者は少なく、ほとんどが先生方だったので写真はありません。

さわらのお造り、塩たたき、焼き物などさわら三昧。
関東の人間にとってさわらというとパサパサしていて西京漬けにでもしないと食えない魚ですが、本場岡山で食べると全くの別物。

某先生渾身の懇親会、堪能しました。

9月10日【酒囲屋本店】 @岡山
2日目は会員パーティーをサボって親しい同僚と内緒話。
もっとも私にゃもう人事権はないんだけれど。

Sakaiya06.jpg      

今夜もさわらを頼んだのですが、さすがに飽食。
Sakaiya07.jpg

サバの燻製。イメージとまったく違いましたが、美味しかった。
Sakaiya08.jpg

鱧の炙り。炙りは初めて食べましたがやっぱり鱧は京の湯引きが一番ですね。
Sakaiya09.jpg

品名は忘れましたが、要は霜降り牛のカルパッチョ。
Sakaiya10.jpg

お酒よりも焼酎が売りなのかな?最後は記憶がありません。いつもですけど。
Sakaiya05.jpg

人気店のようでした。
ずいぶん前に予約を入れておいたのですが、予約なしには入れないようです。
Sakaiya11.jpg

メニューに金額なし。お客を見て値段決めるっていうようなことが書かれていました。
Sakaiya03.jpg 

お手軽接待ならいいんですが、気の置けない同僚と飲むにはちょっと上品でした。
私は3年前に行った「はまゆう」の方がよかったなぁ。

銘酒三昧

8月26日【六角】@池袋西口
W/ヒミツ

7月は少し残業なんかしちゃったせいか所得税が3600円にもなったので、若ーーーい娘を誘ってお裾分けデート。

右からノドグロ、カサゴ、コショウダイ、鱸、ゴマハタ。いいやねぇ、この店。
Rokkaku1.jpg 

ノドグロが売りです。
Rokkaku2.jpg 

美味しいお酒、楽しくいっぱい飲んだよー。
勧め上手の日本酒ソムリエの美人いたし。
Rokkaku3.jpg 

普段はイトー君の奢りで来てるから値段なんか気にしてなかったんだけど、
Rokkaku4.jpg 

グラス一杯3,000円ってすごくね!?。 隠し酒だからメニューにないし。
でも、気分良くて2軒目ではもうベロベロ。
せっかくムーディーな大人のバー連れてったのにゴメンね。

うって変わって明日は社内の尊敬してる姐御エンジニアと宇都宮で池田屋の密会…
何とかしなきゃな、ウチの体質。 

あっ、オレの体質もか。